「日産GT-R NISMO」が2017年モデルに進化

2016.05.30 自動車ニュース
「日産GT-R NISMO」
「日産GT-R NISMO」 拡大

日産自動車は2016年5月27日、ドイツのニュルブルクリンクサーキットで「日産GT-R NISMO」の2017年モデルを初公開した。

■標準車の改良に伴い“NISMO”の動力性能も向上

GT-R NISMOは、日産のモータースポーツ事業やハイパフォーマンスモデルの開発を担うNISMOが手がけた、GT-Rの高性能バージョンである。

今回発表された2017年モデルでは、標準モデルと同様にフロントバンパーの形状を変更。新たにダーククロム仕上げのVモーショングリルを採用したほか、エンジンの冷却性能を高めるために、空力性能を落とすことなく開口部を拡大した。また両サイドにカナード形状を採用することでダウンフォースを高めるとともに、ホイールハウス周辺の空気を吸引することで空力性能を改善。同じく空力性能を高めるため、エンジンフードも剛性を大幅に強化することで高速域走行時の変形を抑制している。これらの改良により2017年モデルのGT-R NISMOは、これまでの日産車の中で最大のダウンフォースと高速域での優れた安定性を実現しているという。

また標準モデルの改良によって高められたボディー剛性に合わせ、ショックアブソーバー、スプリング、スタビライザーのセットアップを変更。エンジンが発生する駆動力をよりしっかりと路面に伝えるため、電子制御式ショックアブソーバーの「ビルシュタイン・ダンプトロニック」についてもチューニングを施している。

インテリアについても標準車の2017年モデルに準じてダッシュボードやセンタークラスターまわりの意匠を変更。ステアリングホイールに加え、ダッシュボードの上部やセンターアームレストの表皮にアルカンターラレザーを採用した。

電装系のインターフェイスも大幅に変更しており、従来モデルでは27個あったナビゲーションやオーディオのスイッチを、2017年モデルでは11個にまで削減し、簡素化。8インチに拡大したタッチパネルモニターには、操作性に優れた大型のアイコンを採用している。また、カーボンファイバー製のセンターコンソールには、ダイヤルとボタン式スイッチとを組み合わせた「ディスプレーコマンドコントロール」を装備。運転中、モニターにタッチすることなく各種機能の操作を可能としている。

(webCG)
 

関連キーワード:
GT-R, 日産, 自動車ニュース

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2018.10.15 画像・写真 「日産GT-R」とイタルデザインがそれぞれ50周年を迎えることを記念して製作された「日産GT-R50 by Italdesign」。同車が日産・銀座にある日産のブランド発進施設NISSAN CROSSINGで一般公開されている。その姿を写真で紹介する。
  • ランボルギーニのV12ハイブリッドオープンモデル「シアン ロードスター」登場 2020.7.9 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2020年7月8日(現地時間)、同社初となる市販V12ハイブリッドスーパーカー「Sián(シアン)FKP 37」のオープンモデル「シアン ロードスター」を発表した。台数19台の限定生産で、すでに全車完売となっている。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 2019ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:NISMO/無限編)【試乗記】 2019.10.2 試乗記 普段、サーキットなどでしのぎを削る国内メーカーの4つの“ワークス”が、一堂に会して開催する「ワークスチューニンググループ合同試乗会」。今回はNISMOが手がけた「日産GT-R」と、無限のパーツを装着した「ホンダ・シビック タイプR」を試す。
ホームへ戻る