アストンマーティン、7段MTの「V12ヴァンテージS」を導入

2016.05.31 自動車ニュース
「アストンマーティンV12ヴァンテージS」
「アストンマーティンV12ヴァンテージS」 拡大

アストンマーティン・ジャパンは2016年5月30日、「V12ヴァンテージS」にマニュアルトランスミッション(MT)搭載車を設定し、2017年モデルより日本へ導入すると発表した。

V12ヴァンテージSは、6リッターV12エンジンを搭載した「ヴァンテージ」シリーズの高性能モデルであり、これまでトランスミッションにはシングルクラッチ式ATの「スポーツシフトIII」のみが設定されていた。

今回、無償オプションとして新たに用意されたのは、アストンマーティンではこれが初となる7段MTである。シフトパターンは1速のポジションをHパターンの外(左下)に配置する「ドッグレッグ」レイアウトを採用しており、これにより頻繁に使う2~7速のギアをすべてHパターンの中に配置することができたという。

また、変速時に自動でエンジンの回転合わせを行う「AMSHIFT」が採用されており、クラッチ、シフトポジション、プロペラシャフトの各センサー情報とエンジンマネジメントプログラムの協調により、フルスロットル状態でのスムーズなシフトアップを可能にするとともに、クラッチ操作による加速の中断を最小限に抑制。また「ヒール・アンド・トウによるシフトダウンを完璧に再現」するという。

この7段MTが用意されるのはクーペのみで、ロードスターへの設定はなし。またエンジンやシャシー、ブレーキなどについてはAT仕様とMT仕様とで違いはなく、動力性能については、両仕様ともに0-100km/h加速が3.9秒、最高速が330km/hと公表されている。

価格は2347万4200円。納車開始は2016年第3四半期を予定している。

(webCG)

関連キーワード:
V12ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)【試乗記】 2010.5.17 試乗記 アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)
    ……2238万2850円

    アストン・マーティンの2シータースポーツ「ヴァンテージ」シリーズに、V12ユニットを搭載する最強モデルが登場! その実力や、いかに?
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • アストンマーティン初となるSUV「DBX」の生産第1号車がラインオフ 2020.7.14 自動車ニュース 英アストンマーティンは2020年7月9日(現地時間)、ウェールズのセント・アサン新工場においてSUV「DBX」の生産第1号車がラインオフし、同年7月後半にデリバリーを開始すると発表した。
  • ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)【試乗記】 2019.10.15 試乗記 991型の集大成といえる「ポルシェ911 GT3 RS」に試乗。巨大なリアウイングをはじめ、ド派手なエアロパーツをまとった“スーパーカー”は、公道ではさぞ持て余すかと思いきや、さにあらず。おっかなびっくりのドライブでも十分に留飲の下がるクルマに仕上がっていたのだった。
ホームへ戻る