GMジャパン、「キャデラックATS」と「CTS」の限定車を発売

2016.06.03 自動車ニュース
キャデラックCTSセダンBlue Edition
キャデラックCTSセダンBlue Edition 拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2016年6月2日、「キャデラックATSクーペ」と「CTSセダン」の特別限定車「Blue Edition」を発表した。各5台の限定で、発売は同年6月4日。

キャデラックATSクーペBlue Edition
キャデラックATSクーペBlue Edition 拡大

■ラグジュリアリー感を強調

今回発表された特別限定車「キャデラックATSクーペBlue Edition」と「CTSセダンBlue Edition」(いずれも2リッター直4ターボエンジン+8段AT搭載)には、通常は有償となるボディーカラー「ダーク アドリアティック ブルー メタリック」や特別装備が標準で採用される。

「ラグジュアリーな質感を漂わせるエクステリアカラーと上質なインテリアのコンビネーションは希少性が高く」(プレスリリース)、その一方で車両価格の上昇を抑えた点が特徴。

ATSクーペBlue Editionの主要装備
・エクステリアカラー:ダーク アドリアティック ブルー メタリック
・インテリアカラー:ライトプラチナム&ジェットブラックアクセント、ハイグロスサペリウッドトリム
・特別装備:電動サンルーフ、ETC2.0車載器

CTSセダンBlue Editionの主要装備
・エクステリアカラー:ダーク アドリアティック ブルー メタリック
・インテリアカラー:ライト カシミア/ミディアム カシミア アクセント、ブラックオリーブアッシュウッドトリム ※特別コンビネーション
・特別装備:ETC2.0車載器 ※電動サンルーフはCTSには標準装備

車両価格はATSクーペBlue Editionが595万円で、CTSセダンBlue Editionは800万円。

(webCG)

関連キーワード:
CTSセダン, ATSクーペ, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック CTSセダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCT5プラチナム 2021.1.17 画像・写真 ゼネラルモーターズがキャデラックの新型セダン「CT5」を日本に導入。クーペを思わせるファストバックスタイルが特徴で、エンジンには2リッター直噴ターボを採用している。コンセプトカー「エスカーラ」をモチーフにしたというニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【レビュー】 2021.4.17 試乗記 キャデラックの新型ミッドサイズセダン「CT5」が日本上陸。早速そのステアリングを握った筆者は、ドイツ御三家の高級サルーンにも引けを取らない、洗練された走りに驚かされたのだった。
  • キャデラックの新型セダン「CT5」が日本上陸 コンセプトカー譲りの流麗なファストバックスタイル 2021.1.15 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2021年1月15日、キャデラックブランドの新型ラグジュアリーセダン「CT5」の国内導入を発表した。同年1月16日に販売を開始する。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • キャデラックXT4スポーツ(4WD/9AT)【レビュー】 2021.4.23 試乗記 キャデラック渾身(こんしん)のニューモデル「XT4」に試乗。はやりのSUVだからといって、ルックスだけの一台と思うなかれ。その仕立てや走りの質は、歴史あるアメリカンブランドのプライドを感じさせるものだった。
ホームへ戻る