新型「ルノー・トゥインゴGT」の概要が明らかに

2016.06.08 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴGT」
「ルノー・トゥインゴGT」 拡大

仏ルノーは2016年6月6日、コンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴGT」の概要を公開した。

今回のトゥインゴGTは、日本では2015年10月にお披露目された3代目「トゥインゴ」のスポーティーバージョン。ルノーのスポーツモデルやレーシングカーの開発を担うルノースポールの手により、さらなるドライビングプレジャーが得られるようチューンされている。

リアに搭載される898ccのターボエンジンは、吸気システムの変更やエンジン制御を変更することで、最高出力110hpと最大トルク17.3kgmを発生。トランスミッションは、トゥインゴGT独自のギア比を持つMTが組み合わされる。

サスペンションやESPは、トゥインゴGT専用にセッティングされたもの。可変ギアレシオステアリングが備わり、シャープなハンドリングと正確なコーナリングを実現するとうたわれる。

エクステリアは、2013年5月に発表されたコンセプトモデル「Twin'Run(トゥインラン)」をイメージして仕立てられており、17インチホイールや、側方に張り出したエアインテーク、2本出しのエキゾーストパイプなどが特徴となっている。

ボディーカラーは、新色のオレンジ(Piment Orange)のほか、グレー(Lunaire Gray)、ブラック(Profond Black)、ホワイト(Glacier White)がラインナップされる。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ルノー・メガーヌR.S./メガーヌR.S.トロフィー」のマイナーチェンジモデルが上陸 2021.1.28 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2021年1月28日、 ハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」「メガーヌ ルノースポール トロフィー」の改良型を導入すると発表した。両モデルとも同年3月4日に発売される。
  • 第191回:マンゾクマンゾク、マンゾク倶楽部 2020.10.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第191回は、「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」で夜の首都高に出撃! 前回の「ポルシェ911 GT3 RS」では降り出した雨のせいで“男のマンゾク”を存分に味わうことなく終わったが、今夜は違う。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • 実力検証! 新型メガーヌ ルノー・スポール トロフィー 2019.12.6 “最速の血統”を受け継ぐもの<PR> ルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノー・スポール」の、さらなるハイパフォーマンスバージョン「トロフィー」に試乗。“速い”という言葉では言い尽くせない実力派のすごみを、ワインディングロードで体感した。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る