新型FRスポーツ「スバルBRZ」公開へ

2011.11.07 国産車

新型FRスポーツ「スバルBRZ」公開へ

富士重工業は、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける第42回東京モーターショーに新型スポーツカー「BRZ(ビー・アール・ゼット)」を出展すると、11月7日に発表した。

「スバルBRZ」は、スバルがトヨタと共同で開発を進めているコンパクトなスポーツカー。アメリカLAショー(11月16-27日)におけるコンセプトモデル「BRZコンセプト -STI-」の展示に続いて、東京モーターショーでいよいよ世界初公開の時を迎える。

現在公表されているボディーサイズは、全長×全幅×全高=4240×1775×1300mmで、ホイールベースが2570mm。新開発の2リッター水平対向4気筒エンジンをフロントに搭載し、6段のMTまたはATを介して後輪を駆動する。足まわりは、フロントがマクファーソンストラット、リアがダブルウィッシュボーン式だ。

新しいボクサーユニットはボア×ストローク=86×86mmのスクエアタイプ。トヨタが開発した直噴システム「D-4S」との組み合わせにより、ハイパワーと高い環境性能を両立。「新世代のスポーツカーにふさわしい性能を実現した」という。

スバルによれば、「『BRZ』は、広いスイートスポットをもつ、テニスのオーバーサイズラケットのようなもの。多くの人が走る楽しさやクルマを操る喜びを感じられるスポーツカーに仕上がっている」とのことである。

(webCG 関)


新型FRスポーツ「スバルBRZ」公開への画像 拡大
こちらはLAショーに出展されるコンセプトカー「スバルBRZコンセプト -STI-」 。
こちらはLAショーに出展されるコンセプトカー「スバルBRZコンセプト -STI-」 。
拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

BRZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載 2020.11.18 自動車ニュース スバルは2020年11月18日、FRスポーツカー「BRZ」の新型(北米仕様車)を世界初公開した。フルモデルチェンジを機に、エンジンの排気量は拡大。AT車には運転支援システム「アイサイト」が搭載される。
  • トヨタが「クラウン」を一部改良 最新版の「Toyota Safety Sense」を搭載 2020.11.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年11月2日、「クラウン」を一部改良し、販売を開始した。今回は12.3インチワイドスクリーンのインフォテインメントシステムを装備するなどして内外装の質感向上を図ったほか、予防安全装備を最新バージョンにアップデートしている。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • スバルが新型「BRZ」を2020年11月18日に世界初公開 2020.11.5 自動車ニュース スバルは2020年11月4日、同社の米国における販売会社であるスバル・オブ・アメリカのオフィシャルウェブサイトにおいて、新型「スバルBRZ」を世界初公開する日時を公表した。
ホームへ戻る