マクラーレン570Sクーペ(後編)

2016.08.11 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「マクラーレン570Sクーペ」に試乗する。谷口にとって、このクルマは100点満点で何点なのか? レーシングドライバー視点で570Sクーペを斬る!

タイヤの性能をフルに引き出したい

加速力やトラクション性能に感嘆するいっぽうで、(1)アクセルを踏み直したときのトルクのつき、(2)ハードブレーキング時のスタビリティー不足、(3)ブレーキタッチの初期で制動力が立ち上がらない、の3点について不満を漏らした谷口信輝。これらの指摘は、谷口の考えるクルマ哲学と深く関わっているという。この点を、もう少し具体的に語ってもらうことにしよう。

「たとえば、僕がクルマをチューニングするとしますよね。その場合、僕はとにかくクルマのタイムラグを消していきます。以前に『トヨタ86』をチューニングしたことがありますが、このときもエンジンにはターボチャージャーじゃなくてスーパーチャージャーをつけて、さらにファイナルをローギアードなものに替えている。そうやって、とにかくトルクが素早く立ち上がるようにするんです」「なぜ、そんなことをするかといえば、僕がトルクが欲しいと思ったその瞬間にトルクが立ち上がってくれないと、タイヤの性能を余らせてしまうことになるからなんです」

エンジンのレスポンスとタイヤの性能を余らせることの間にどんな関係があるのか、ここで簡単な解説を付け加えてみる。タイヤの性能には、ご存じの通り加減速を生み出す縦グリップと横Gを支える横グリップがある。ただし、タイヤは純粋に横方向だけ、もしくは縦方向だけに機能するわけではなく、その間も縦横の比率を変化させながら連続的にグリップ力を発生する。この特性を360度のグラフに表したものがいわゆるフリクションサークルで、文字通り円に近い形をなす。

そしてサーキットを走るレーシングドライバーは、極言すればこのフリクションサークルのフチに沿ってグリップを発揮させる、つまり常にタイヤの性能をフルに引き出すことを第一の目標としているのだ。そこで、コーナリングで横グリップを最大限に使い終わったときには、一瞬の遅れもなく縦グリップの仕事=加速を始めて、タイヤの性能を無駄なく使いたい。だから、必要と思ったときに直ちにトルクが立ち上がってほしくなるのだ。

 
マクラーレン570Sクーペ(後編)の画像 拡大
 
マクラーレン570Sクーペ(後編)の画像 拡大
 
マクラーレン570Sクーペ(後編)の画像 拡大
マクラーレン570Sクーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4530×2095×1202mm/ホイールベース:2670mm/車重:1313kg(乾燥重量、軽量オプション選択時)/駆動方式:MR/エンジン:3.8リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:570ps(419kW)/7400rpm/最大トルク:61.2kgm(600Nm)/5000-6500rpm/タイヤ:(前)225/35ZR19 (後)285/35ZR20/車両本体価格:2556万円
マクラーレン570Sクーペ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4530×2095×1202mm/ホイールベース:2670mm/車重:1313kg(乾燥重量、軽量オプション選択時)/駆動方式:MR/エンジン:3.8リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:570ps(419kW)/7400rpm/最大トルク:61.2kgm(600Nm)/5000-6500rpm/タイヤ:(前)225/35ZR19 (後)285/35ZR20/車両本体価格:2556万円 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2020.6.2 試乗記 50km/hまでであれば走行中でも開閉可能な電動リトラクタブルルーフを有す、マクラーレンのオープンモデル「720Sスパイダー」に試乗。720PSの大パワーとオープンエアドライブの組み合わせを、ワインディングロードで味わった。
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • 3列シートやワイドボディーも マツダがクロスオーバーSUV拡充計画を発表 2021.10.7 自動車ニュース マツダは2021年10月7日、2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を発表した。米国新工場で生産する「CX-50」や、ラージ商品群の「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」を世界のさまざまな市場で展開するという。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
ホームへ戻る