メルセデス「Eクラスクーペ」一部改良で燃費向上

2011.11.02 自動車ニュース

メルセデス「Eクラスクーペ」一部改良で燃費向上

メルセデス・ベンツ日本は2011年11月1日、ミドルサイズクーペモデル「E250クーペ」「E550クーペ」を一部改良し、発売した。

1.8リッター直4直噴ターボエンジンを積む「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」には、従来の5段ATに代えて最新の7段AT「7Gトロニック プラス」を搭載、アイドリングストップ機能「ECOスタートストップ」も新たに搭載した。これによって従来モデル比で約23%の燃費向上を図り、エコカー減税(75%減税)対象車の認定を取得した。

装備面では、上級モデル「E350クーペ」と同じ5ツインスポークアルミホイールを採用。ダイヤモンドホワイトのボディーカラー(18万円のオプション)も選べるようになった。

「E550ブルーエフィシェンシー クーペ」は、搭載エンジンを従来の5.5リッターV8から、新開発の4.7リッターV8直噴ツインターボへと変更。排気量をダウンサイジングしながら、ピエゾインジェクターを用いたスプレーガイデッド・ガソリン直噴式燃料噴射システムや、100分の1秒以内に点火スパークを最大4回発生するマルチスパーク・イグニッションなどの採用により、性能アップを果たした。

トランスミッションは「7Gトロニック プラス」が組み合わされ、「ECOスタートストップ機能」も搭載。さらに、これまでの油圧式に代わって電動モーターを用いてアシスト量を調整する「電動パワーステアリング」を採用することで、燃費向上とCO2排出量の削減も図られたとのこと。

スペックは、最高出力408ps(従来モデル比+21ps)、最大トルク61.2kgm(同+7.2kgm)。10・15モード燃費は、従来モデル比で約21%改善しているという。

価格は、「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」が665万円、「E550ブルーエフィシェンシー クーペ」は1110万円。

(webCG ワタナベ)

「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」
「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」 拡大

関連キーワード:
Eクラス クーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る