「レクサスCT200h」にクールなルックスの特別仕様車

2016.08.25 自動車ニュース
レクサスCT200h“Cool Touring Style”」(写真のボディーカラーはブラックルーフ&レッドマイカクリスタルシャイン)
「レクサスCT200h“Cool Touring Style”」(写真のボディーカラーはブラックルーフ&レッドマイカクリスタルシャイン) 拡大

トヨタ自動車は2016年8月25日、レクサスのハッチバックモデル「CT200h」に特別仕様車“Cool Touring Style”を設定。同日、販売を開始した。

CT200h“Cool Touring Style”」のインテリア。
「CT200h“Cool Touring Style”」のインテリア。 拡大

今回のCT200h“Cool Touring Style”は、CT200hの“バージョンC”をベースとする特別仕様車。フロントグリルのロワーモールにメッキ加飾を施し、専用ハイグロス塗装の17インチアルミホイールを採用することで、クールな印象を演出するとともに走りのイメージを強調したという。LEDヘッドランプとLEDフォグランプも備わる。

インテリアは、ファブリックとL tex(エルテックス)素材によるツートンカラーのシートを装着。車体色はレッドマイカクリスタルシャインを含む全10色で、ボディーカラーとのコントラストを際立たせるブラックルーフもオプションで選択できる。

価格は400万円。

(webCG)

関連キーワード:
CT, レクサス, 自動車ニュース

レクサス CT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスCT200h 2010.3.10 画像・写真 2011年デビュー予定の新型ハイブリッド「レクサスCT200h」を写真で紹介する。
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2014.4.16 試乗記 「LS」「HS」と、マイナーチェンジで劇的なまでにクルマを進化させてきたレクサス。プレミアムコンパクト「CT」はどこまでの変貌を遂げたのか。その実力をチェックした。
  • レクサスCT200h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2011.2.28 試乗記 レクサスCT200h“バージョンL”(FF/CVT)
    ……470万3200円

    “ハイブリッドのプレミアムコンパクト”をうたう「レクサスCT200h」。あまたの高級車を試してきた巨匠 徳大寺有恒は、どう評価する?
ホームへ戻る