気づけばもうすぐ10周年! 「レクサスCT200h」長寿の秘密に迫る

2020.09.07 デイリーコラム

再度のテコ入れにビックリ

この2020年8月21日に「レクサスCT200h」に実施された改良に、一部から驚きの声があがった。いや、その改良内容は先進安全装備のアップデートと新しい車体塗色の追加という小規模だが真っ当なもので、驚くにはあたらない。

ただ、CTは2011年1月の国内発売からすでに9年8カ月が経過している。一台のクルマが比較的長くつくられるようになった昨今でも、かなりの長寿というほかない。また、CTの国内販売は「UX」発売後に明確に下降した。たとえば、日本国内における昨2019年のCTの販売台数は2300台強。UXや「NX」、「ES」が1万台超、「RX」も9000台以上を売り上げたことを考えると、エントリーモデルとしては物足りない数字といわざるをえない。というわけで、そろそろCTの生産終了も近い……と考えていた人が「まだ改良を入れるのか!?」という意味で驚いたのだ。

もっとも、一部でCTの生産終了が近いと思われていた理由は、モデルライフの長さだけではない。2018年11月にコンパクトクロスオーバーSUVのUXが発売されたとき、「これが事実上のCTの後継機種ではないか」と報じたメディアが少なくなかったからだ。

実際、UXはクロスオーバーSUVにもかかわらず“ハッチバックそのままの走行性能”を標榜して、全高も日本の立駐対応の1.54mに抑制されており、機能的にはCTのかわりになりえる存在だ。それに、UX発売当時、レクサス関係者はそれはCTの後継車ではないとしつつも、その時点ですでに8年目となっていたCTの去就についての展望も明かさず、「当面は生産を続ける」と語るだけだった。しかも、レクサスの最大市場であるアメリカ合衆国では、2017年をもってCTの販売を終了していた。こうした状況証拠も“UX=CT後継”説の後押しをしたのだった。

レクサスのプレミアムコンパクトハッチバック「CT200h」。同ブランドのエントリーモデルとして発売されてから、9年と8カ月が経過した。写真は2020年8月に仕様変更された現行モデル。現在の価格帯は386万9000円~488万1000円となっている。
レクサスのプレミアムコンパクトハッチバック「CT200h」。同ブランドのエントリーモデルとして発売されてから、9年と8カ月が経過した。写真は2020年8月に仕様変更された現行モデル。現在の価格帯は386万9000円~488万1000円となっている。拡大
「CT200h」が発売されたのは2011年1月12日。ハイブリッド専用車という点でも特徴的だった同モデルが世界初公開されたのは2010年3月のジュネーブモーターショーで、そこからはすでに10年が経過したことになる。ちなみに、同じショーに出展された「レクサスLFA」「ホンダCR-Z」「マツダ・プレマシー」はとっくに“過去のクルマ”になってしまった。
「CT200h」が発売されたのは2011年1月12日。ハイブリッド専用車という点でも特徴的だった同モデルが世界初公開されたのは2010年3月のジュネーブモーターショーで、そこからはすでに10年が経過したことになる。ちなみに、同じショーに出展された「レクサスLFA」「ホンダCR-Z」「マツダ・プレマシー」はとっくに“過去のクルマ”になってしまった。拡大
2011年1月に行われた国内発表会に登場したのは、女優の杏さん(写真)。当時レクサスのブランドアンバサダーだった知花くららさんと森 理世さんも登壇し、ステージに華を添えた。
2011年1月に行われた国内発表会に登場したのは、女優の杏さん(写真)。当時レクサスのブランドアンバサダーだった知花くららさんと森 理世さんも登壇し、ステージに華を添えた。拡大
レクサス CT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る