「フォルクスワーゲン・パサート」に2リッターターボの「Rライン」登場

2016.09.06 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・パサート 2.0TSI Rライン」
「フォルクスワーゲン・パサート 2.0TSI Rライン」 拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年9月6日、ミドルサイズセダン「パサート」と、ステーションワゴン「パサートヴァリアント」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」を設定し、販売を開始した。

パサート/パサートヴァリアントにはこれまでもスポーティーな内外装を特徴とする「Rライン」が存在したが、エンジンはベースグレードと同様の1.4リッターターボがそのまま搭載されていた。今回、「ゴルフGTI」と同じ2リッターターボエンジンに置き換えられたことで、中身の伴ったスポーティーグレードへと進化した。最高出力、最大トルクともに、ゴルフGTIと同じ220ps/35.7kgmを発生する。そのほかアダプティブシャシーコントロール“DCC”も標準装備される。

価格は以下の通り。
・パサート 2.0TSI Rライン:499万9000円
・パサートヴァリアント 2.0TSI Rライン:519万9000円

(webCG)

関連キーワード:
パサート, パサートヴァリアント, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン パサート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • 第1回 新グレード「TSIエレガンスライン」を試す 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 装備が見直されるとともに、ラインナップが改められたフォルクスワーゲンのセダン「パサート」に試乗。新グレード「TSIエレガンスライン」をメインに、その仕上がりを詳しく報告する。
  • 第2回 「フォルクスワーゲン・パサート」に乗るということ 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 「フォルクスワーゲン・パサート」と過ごすカーライフとは、どのようなものなのか。新たにラインナップされた「TSIエレガンスライン」と、装備の充実が図られた「TSIハイライン」に試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・パサートTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2015.8.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」が8代目にモデルチェンジ。セダンの「TSI Rライン」を借り出し、新プラットフォームと1.4リッター直噴ターボエンジンがかなえる走りや、内外装の質感、運転支援システムの出来栄えなど、その実力を多角的にチェックした。
  • アウディA6アバント40 TDI Sトロニック(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.11 試乗記 アウディのアッパーミドルセダン/ワゴンである「A6」シリーズ。そのディーゼルモデル「40 TDI」に本国ドイツで試乗。日本にも導入される予定の2リッターディーゼルターボ搭載車は、現行A6の本命と呼ぶにふさわしいモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る