【パリモーターショー2016】フェラーリ、ターボの「GTC4ルッソT」を公開

2016.09.23 自動車ニュース

「フェラーリGTC4ルッソT」


	「フェラーリGTC4ルッソT」
	拡大

伊フェラーリは2016年9月22日、パリモーターショー2016(開催期間:2016年9月29日~10月16日)で、3.9リッターV8ターボエンジンを搭載する「GTC4ルッソT」を公開すると発表した。

■トルクはGTC4ルッソを凌ぐ

GTC4ルッソTは、フェラーリのシューティングブレーク型4シーターGT。3.9リッターV8ターボエンジンは610psと77.5kgmを発生し、駆動方式はFRとなる。以前からあった6.3リッターV12エンジン+4WDの「GTC4ルッソ」と比較すると大幅なダウンサイジングとなり、最高出力はGTC4ルッソの690psに劣るものの、最大トルクは71.1kgmから6.4kgmアップ。燃費はGTC4ルッソの15.3リッター/100km(約6.54km/リッター)に対して11.6リッター/100km(約8.6km/リッター。どちらもECE+EUDC基準による)と、大幅に向上している。

サイドスリップコントロール、4WSシステム、デュアルコックピットアーキテクチャー、10.25インチタッチスクリーンによるインフォテイメントシステムなどは、GTC4ルッソから引き継がれている。

価格や日本市場への導入などは未定。

(webCG)
 

関連キーワード:
GTC4ルッソ, フェラーリ, パリモーターショー2016, イベント, 自動車ニュース

フェラーリ GTC4ルッソ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ・ローマ(後編) 2020.12.31 谷口信輝の新車試乗 フェラーリの新型2+2クーペ「ローマ」の走りを、レーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? 後編では、走行モードによる挙動の変化やV8ターボエンジンの特性などについてもリポートする。
  • フェラーリ・ローマ(前編) 2020.12.24 谷口信輝の新車試乗 これまでとは趣の違うデザインをまとって登場した、フェラーリのニューモデル「ローマ」。その走りは過去の跳ね馬とはどう違うのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでむちを当てた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る