「レンジローバー イヴォーク」に赤と黒のコントラストが特徴の限定車

2016.10.17 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク エンバーリミテッドエディション」
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク エンバーリミテッドエディション」 拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年10月17日、コンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の特別仕様車「EMBER LIMITED EDITION(エンバーリミテッドエディション)」を発表した。5台のみの限定販売で、価格は905万円。同日から10月31日まで特設ウェブサイトで注文を受け付け、限定数を超えた場合には抽選となる。

今回のエンバーリミテッドエディションは、2017年モデルの「HSEダイナミック」をベースにした特別仕様車。「EMBER」という言葉が意味する「燃えさし(木炭が燃えて赤くなっている部分)」の色を表現した、赤と黒のコントラストの効いた内外装が特徴である。世界で販売される限定600台のうち、5台が日本市場に導入される。

外装はプレミアムメタリックサントリーニブラックのボディーに、フィレンツェレッドのコントラストルーフが組み合わせられる。また、フロントとリアに配されるトウイングアイフィニッシャーもレッド仕上げとなる。

内装はピメントコントラストステッチをアクセントとした、オックスフォードレザーのエボニーシートや、グロスブラックストラータトリムのインテリアフィニッシャーズを採用。さらにパノラミックグラスルーフも装備しており、モダンで心地よいドライビング空間が提供されるという。

また、ブラインドスポットモニター、レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警告機能)、自動緊急ブレーキ、ACCキューアシスト機能、インテリジェントエマージェンシーブレーキアシストなどドライバー支援システムも充実。一方、リアバンパーの下で足先を軽く横に振るだけでテールゲートを操作できる、ハンズフリーパワーテールゲートや、10.2インチのタッチスクリーンを搭載したインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を搭載するなど、利便性も高められている。

主な特別装備は以下の通り。
・プレミアムサントリーニブラックのボディーに、フィレンツェレッドのコントラストルーフおよびトウイングアイフィニッシャーの組み合わせ
・フロントおよびリアのナルヴィクブラックインナー
・20インチスタイル507のサテンブラックアロイホイール
・パノラミックグラスルーフ(固定式、電動サンブラインド付き)
・ピメントコントラストステッチを施したエボニーレザーシート
・グロスブラックストラータトリムのインテリアフィニッシャーズ
・フロントシートヒーター&クーラーおよびリアシートヒーター
・10.2インチの最新インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」
・ハンズフリーパワーテールゲート
・ドライバーの運転操作や路面に対応しながらダンパーのセッティングを瞬時に調整する、アダプティブダイナミクス(ダイナミックモード付き)
・ブラインドスポットモニター(クロージングビークルモニター付き)およびリバーストラフィックディテクション
・レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警告機能)および自動緊急ブレーキ
・ACC(アダブティブクルーズコントロール)キューアシスト機能、インテリジェントエマージェンシーブレーキアシスト

(webCG)
 

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る