クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第472回:本場イタリアでも話題の新車
「124スパイダー」の販売現場を突撃取材

2016.10.21 マッキナ あらモーダ!

ひさびさのオープンモデルに興奮

イタリアは、夏休みの期間が終了して、ほぼひと月。自動車の販売が再び上向きになる時期を迎えた。

先日、わが街のFCAディーラーに、冷やかしに寄ったときのことである。
ボクの仕事を知る熟練セールスマンのフランチェスコ・タッデオ氏は、ボクを見つけるやいなや、「はい、写真撮って撮って!」と笑いながら言った。いつになく興奮していた。

何かと思えば、店内に展示されている「アバルト124スパイダー」のことだった。
以前記したように、イタリア本国でも、これまで専売ディーラーだけで販売されていたアバルト車が、少し前から全国のFCAディーラーで扱われるようになった。目下、彼が働くショールームにおいて、アバルト124スパイダーは最新のアイキャッチなのである。

イタリアでは、新生フィアット124スパイダー/アバルト124スパイダーは2016年6月初旬に発表された。「クライスラー200」をベースとした「ランチア・フラヴィア」(2012~2013年に販売)を除けば、2010年に生産終了した「アルファ・ロメオ・スパイダー」以来となる、久々のオープンモデルだ。

エンジンは日本仕様と同じく、1.4リッターターボ「マルチエア」170psのみ。6段のMTとATが用意されているのも、日本仕様と同じだ。

2016年10月中旬、筆者が住むシエナのFCAディーラー「スコッティ」にて。「アバルト124スパイダー」(写真右)が「フィアット500」と並んで展示されていた。
2016年10月中旬、筆者が住むシエナのFCAディーラー「スコッティ」にて。「アバルト124スパイダー」(写真右)が「フィアット500」と並んで展示されていた。 拡大
ひと目でわかるフィアット版とアバルト版との違いは、後者のマフラーエンドが4本出しになること。写真左奥に見えるのは、日本未導入の「フィアット500L」。
ひと目でわかるフィアット版とアバルト版との違いは、後者のマフラーエンドが4本出しになること。写真左奥に見えるのは、日本未導入の「フィアット500L」。 拡大
「フィアット124スパイダー」では高級仕様「ルッソ」限定のレザーシートが、アバルト版(写真)では標準。アルカンターラも多用されている。
「フィアット124スパイダー」では高級仕様「ルッソ」限定のレザーシートが、アバルト版(写真)では標準。アルカンターラも多用されている。 拡大
運転席と助手席の間には、製造ナンバーのプレートが。この展示車は296番。
運転席と助手席の間には、製造ナンバーのプレートが。この展示車は296番。 拡大

「マツダ・ロードスター」との関連は強み

気さくなフランチェスコ氏と、彼の先輩マッシミリアーノ氏によると、前評判は上々という。

マッシミリアーノ氏に124スパイダーシリーズの納期を聞くと、「90日」つまり3カ月という答えが返ってきた。
どういうお客さんが関心を寄せているのか? それに対する分析は冷静だ。
「アバルト124スパイダーの場合、4万ユーロ(約460万円。付加価値税22%含む)という価格帯からして、購買層は限られることはたしかだね」
なるほど、プロモーションによっては1万ユーロ以下で買える「フィアット・パンダ」が登録台数ナンバーワンの国において、そのプライスレンジは別格といえる。

どういったクルマがライバル候補になりそうか? その質問に対して、マッシミリアーノ氏は即座に「無し」と答えた。124スパイダーのようなモデルは、ファンが気に入れば、脇目もふらず買い求めるものなのだ。

「下取り車はどんなクルマが来そう?」との問いには、脇にいたフランチェスコ氏が「みんな、下取り車は出さないで買うお客さんだよ」とすぐに教えてくれた。「現在の所有車とは別に、休日を楽しむために買うんだ。つまり“クアルタ・マッキナ”さ」。
クアルタ・マッキナ(Quarta macchina)とは、4台目のクルマのこと。1人1台所有がポピュラーなイタリアで、夫、夫人そして子供用とは別の自動車という意味である。

ところで、「マツダ・ロードスター」とプラットフォームを共有していることは、顧客に説明するのか?
マッシミリアーノ氏は、「趣味性の強いクルマに興味を持つ人は、必ず先に勉強してくる」と証言する。それに付け加えれば、日本ブランドやマツダ車の評価が高いイタリアゆえ、それはプラスには働いても、決してマイナスにならないだろう。

イタリア国内のFCA販売店における風景。写真は、第469回で記したように目下販売好調の、新型「ティーポ」のステーションワゴンと5ドアハッチバック。
イタリア国内のFCA販売店における風景。写真は、第469回で記したように目下販売好調の、新型「ティーポ」のステーションワゴンと5ドアハッチバック。 拡大
新型「ティーポ」(右上)が、どんどん届く。トルコ工場製だが、マッシミリアーノ氏によると、もはや製造国を気にするお客さんは、ほとんどいないという。ポーランド製「500」が登場した頃から、イタリア人のメンタリティーも変わってきた。
新型「ティーポ」(右上)が、どんどん届く。トルコ工場製だが、マッシミリアーノ氏によると、もはや製造国を気にするお客さんは、ほとんどいないという。ポーランド製「500」が登場した頃から、イタリア人のメンタリティーも変わってきた。 拡大
イタリアを代表する定番大衆車「フィアット・パンダ」(左)と、「ランチア・イプシロン」(右)。2016年9月国内新車登録で1位と2位を占める。
イタリアを代表する定番大衆車「フィアット・パンダ」(左)と、「ランチア・イプシロン」(右)。2016年9月国内新車登録で1位と2位を占める。 拡大
本国仕様の「アバルト124スパイダー」では、「サウンドプラス」と名付けられたパッケージオプションを選ぶと、9スピーカーの「BOSEプレミアムサウンドシステム」が装着される。
本国仕様の「アバルト124スパイダー」では、「サウンドプラス」と名付けられたパッケージオプションを選ぶと、9スピーカーの「BOSEプレミアムサウンドシステム」が装着される。 拡大

マメな顧客対応はカナメ

「これも持ってって、持ってって」。フランチェスコ氏は、まだ封を切ったばかりの段ボール箱から、インクの香り漂うフィアット版、アバルト版双方の124スパイダーカタログを渡そうとした。

それが販売店負担であることを知っているボクとしては、悪いので辞退しようとしたが、気のいい彼はそれでも「持ってけ」という。

東京時代、小学生の分際でディーラーをめぐってカタログ集めをしていたボクとしては、簡易版である「リーフレット」ではなく、ちゃんとしたカタログをもらえると、今でも妙にありがたい気持ちになる。

やがてフラチェスコ氏は、「じゃ、ちょっと失礼するよ」と言って、電話をかけはじめた。「先日は、対応まで大変お待たせしました」などと話している。電話を切ったあと教えてくれたところによると、先週末の来店客への電話であった。

FCAのマニュアルにより、イタリアのセールスは来店から3日以内に、連絡先を残してくれたお客さんあてにフォローアップのコールをするのだという。
近年のイタリアでは、輸入プレミアムブランドで導入されている手法だが、FCAでも実施されていたとは。

124スパイダーのような華やかなモデルを放ち、昔ながらの陽気な対応をする一方で、地道なセールスもこなしているのであった。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

カタログ棚の脇に立てられた、「アバルト124スパイダー」の性能をアピールするPOP。
カタログ棚の脇に立てられた、「アバルト124スパイダー」の性能をアピールするPOP。 拡大
熟練セールスマンのフランチェスコ・タッデオさん。仕事用パソコンで旧型「500」のマウスを愛用。後方には、「フィアット2300」など1960年代の広報写真パネルが。
熟練セールスマンのフランチェスコ・タッデオさん。仕事用パソコンで旧型「500」のマウスを愛用。後方には、「フィアット2300」など1960年代の広報写真パネルが。 拡大
「アバルト124スパイダー」のイタリア国内価格は、MT仕様が4万ユーロ(およそ460万円)、AT仕様が4万2000ユーロ(およそ480万円)。円換算すると日本国内価格より高くなるのは、22%という付加価値税の影響によるところが大きいだろう。
「アバルト124スパイダー」のイタリア国内価格は、MT仕様が4万ユーロ(およそ460万円)、AT仕様が4万2000ユーロ(およそ480万円)。円換算すると日本国内価格より高くなるのは、22%という付加価値税の影響によるところが大きいだろう。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。