ホンダNSX(前編)

2016.11.17 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は話題のスーパースポーツカー、新型「ホンダNSX」を俎上(そじょう)に載せる。3モーターハイブリッドシステムを搭載する2代目は、ずばり、谷口にどんな手応えを残したのだろうか。所は箱根のワインディングロード。谷口が運転するNSXが、快音を響かせながら戻ってきた。さあ、歯に衣(きぬ)着せぬ「谷口劇場」の始まりだ!

「いやあ、バツグンにいい」

いつもクールな谷口信輝。箱根で試乗を終えたホンダNSXから降りてきたときの表情もいつもどおりクールなものだったが、話し始めると、NSXへの情熱がほとばしるかのような、熱い口調と表情に一変した。
「いやあ、バツグンにいい。バツグンにいい」

このとき谷口は「バツグンにいい」と確かに2度、クチにした。では、なにがそんなによかったのか?
「サスペンションがいい。もうフロントもリアも接地感がすごくいい。いや、ただの接地感じゃないですよ。“セッチカーン”って感じです。だからコーナーでもクルマがどっしりしていて、ステアリング切るのが楽しい」

この連載をお読みになってきた読者であればご存じのとおり、ドリフトの名手でもある谷口は意外にも安心感の強いクルマを好む傾向がある。そしてその谷口が重要視する安心感が、NSXからはたっぷりと感じ取られたようである。
「本当に不安が少ないから、この先に何が起きるかが読みやすい。別の言い方をすると、タイヤが発する言葉がドライバーにしっかり伝わってくる。なんか、本当にいいですね」

3モーターハイブリッドシステムを搭載する2代目NSXは、前輪の左右を独立したモーターで駆動することでヨーをコントロールする“スポーツハイブリッドSH-AWD”を採用した4WDスーパースポーツカーだ。今回の試乗でも、前輪に駆動力が伝わっている様を谷口は敏感に察知したようである。
「アクセルを踏みながらコーナーから立ち上がるとき、ステアリングを切ったことによるヨーだけでなく、フロントの駆動系が何かしているような感じはありますね。つまり四輪駆動的な動きなんですが、だからといってアンダーステアになるわけではなく、とても安心で楽しいですね」

“スポーツハイブリッドSH-AWD”の動作は、インテグレーテッド・ダイナミック・システムのモードを切り替えることで変更が可能だが、公道用として推奨されている「スポーツ」や「スポーツ+」ではアンダーステアやオーバーステアの発生を極力抑え、ドライバーがステアリングを切れば切っただけ素直にターンインするようにセッティングされている。いわば超高速で超高精度なESPのごとく振る舞うわけだ。
「なるほど、アンダーもオーバーもほとんど出ない。だから安心だけど、それでもすごく楽しいんですよね」

 
ホンダNSX(前編)の画像拡大
 
ホンダNSX(前編)の画像拡大
 
ホンダNSX(前編)の画像拡大
ホンダNSX
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4490×1940×1215mm/ホイールベース:2630mm/車重:1780kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:9段AT/エンジン最高出力:507ps/6500-7500rpm/エンジン最大トルク:56.1kgm/2000-6000rpm/フロントモーター最高出力:37ps/4000rpm(1基当たり)/フロントモーター最大トルク:7.4kgm/0-2000rpm(1基当たり)/リアモーター最高出力:48ps/3000rpm/リアモーター最大トルク:15.1kgm/500-2000rpm/システム最高出力:581ps/システム最大トルク:65.8kgm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y (後)305/30ZR20 103Y/車両価格=2370万円
ホンダNSX
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4490×1940×1215mm/ホイールベース:2630mm/車重:1780kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:9段AT/エンジン最高出力:507ps/6500-7500rpm/エンジン最大トルク:56.1kgm/2000-6000rpm/フロントモーター最高出力:37ps/4000rpm(1基当たり)/フロントモーター最大トルク:7.4kgm/0-2000rpm(1基当たり)/リアモーター最高出力:48ps/3000rpm/リアモーター最大トルク:15.1kgm/500-2000rpm/システム最高出力:581ps/システム最大トルク:65.8kgm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y (後)305/30ZR20 103Y/車両価格=2370万円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSXタイプS 2021.8.30 画像・写真 「ホンダNSX」に最終モデルの「タイプS」が登場。従来のNSXより高められた動力性能が特徴で、販売台数はグローバルで350台、日本では30台となっている。2代目NSXのファイナルバージョンにして、貴重なエボリューションモデルの姿を写真で紹介する。
  • ホンダが「NSXタイプS」を発表 30台限定のエボリューションモデル 2021.8.30 自動車ニュース ホンダが現行型「NSX」の最終モデル「NSXタイプS」を発表。パワーユニットやシャシーの改良、空力特性の改善などを通して、動力性能の向上が図られており、鈴鹿サーキットでは従来のNSXより2秒速いラップタイムを実現しているという。
  • ホンダNSXタイプS(2004年モデル) 2021.8.30 画像・写真 いよいよ正式発表された2代目「ホンダNSX」の最終モデル「タイプS」。実車が日本初公開された会場には、初代NSXタイプS(後期型)も展示されていた。今や貴重な初代のライトウェイトバージョンを、2代目タイプSの商品説明会の様子とともに紹介する。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
  • 第215回:遥かなる『宇宙戦艦ヤマト』 2021.9.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。2代目「ホンダNSX」の生産が2022年12月に終了する。鳴り物入りで登場し、これまでの通算販売台数は2558台。ハイテクを満載した大和魂あふれるミドシップモデルは、なぜ短命に終わったのか。
ホームへ戻る