“BEAMS仕様”の「レガシィアウトバック」発売

2011.10.18 自動車ニュース

“BEAMS仕様”の「レガシィアウトバック」発売

富士重工業は2011年10月18日、「レガシィアウトバック」の特別仕様車「2.5i EyeSight EX Edition」を発表した。11月3日に500台限定で発売する。

「スバル・レガシィアウトバック2.5i EyeSight EX Edition」は、セレクトショップを展開するビームス(BEAMS)とのコラボレーションにより生まれた特別仕様車だ。スバルは過去にも“BEAMS仕様”を発表した経緯があり、今回で3度目の試みとなる。
ベースモデルは、衝突回避の安全装備をもつ「レガシィアウトバック2.5i EyeSight」。内外装について以下の特別装備が与えられ、さまざまなライフスタイルに対応するクルマに仕上がっているという。

【エクステリア】
・専用ボディーカラー(ブリリアントブラウンパール)
・専用サテンメッキパーツ(フロントグリル、フォグランプカバー、リアガーニッシュ)
・ブラックルーフレール
・ハイラスター塗装17インチアルミホイール

【インテリア】
・専用コンビシート(アルカンターラ×レザー)
・水洗い可能な荷室フロア(デュラブルフロア)
・荷室のマルチパーパスサブトランク
・充電用USBソケット(前後2カ所ずつ)
・アクセスキーカバー(ブラウン)

価格は、ベースモデルより13万6500円高の324万4500円。500台の限定(受注期間は2012年3月12日まで)で販売される。

(webCG 関)

「スバル・レガシィアウトバック2.5i EyeSight EX Edition」
「スバル・レガシィアウトバック2.5i EyeSight EX Edition」 拡大

関連キーワード:
レガシィアウトバック, スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィアウトバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • ダイハツが新型軽乗用車「タフト」を発売 スクエアなスタイルが特徴の軽クロスオーバー 2020.6.10 自動車ニュース ダイハツがクロスオーバータイプの新型軽乗用車「タフト」を発売。個性的なデザインやガラスルーフ、機能的なラゲッジスペースが特徴の新モデルで、予防安全装備やコネクテッドシステムについてもダイハツ最新の機器が搭載されている。
  • これは“超革新”だ! 次期「スバル・レヴォーグ」でわかっていること 2020.1.17 デイリーコラム 2020年の後半に発売をひかえる、次期「スバル・レヴォーグ」。オートショーでのプロトタイプ展示や関係者への取材を通して、新型ならではの注目すべきポイントが次第に見えてきた。
ホームへ戻る