BMW 5シリーズ、新エンジンで燃費向上

2011.10.17 自動車ニュース

「BMW 5シリーズ」、新エンジンで燃費向上

BMWジャパンは2011年10月17日、仕様変更で燃費が向上した「523iセダン/ツーリング」「535iセダン/ツーリング」を発売した。ユーザーへのデリバリー開始は10月末から。

今回、これまで2.5リッター直6(204ps、25.5kgm)だった「523iセダン/ツーリング」の心臓が、2リッター直4ターボ(184ps、27.5kgm)に置き換えられた。
最高出力は20ps低下したものの、最大トルクは2.0kgmもアップ。さらに、10・15モードの燃費値が、「523iセダン」で11.4km/リッターから14.4km/リッターに、「523iツーリング」は10.4km/リッターから13.6km/リッターにそれぞれ向上した。
エンジンそのものの違いだけでなく、アイドリングストップ機構や、「ECO PROモード」(エンジン・エアコン・シートヒーターなどを統合制御してエコドライブをサポートする機能)が追加されたことも、燃費向上の要因である。

これと同時に、上級グレードの「535iセダン/ツーリング」についてもアイドリングストップ機構と「ECO PROモード」が追加され、燃費値(10・15モード)は「535iセダン」が10.6km/リッターから12.8km/リッターに、「535iツーリング」は10.6km/リッターから12.4km/リッターにアップした。

これにより、上記の4モデルは“四つ星”のエコカー減税対象車となり、自動車取得税と重量税が約75%減免、登録翌年度の自動車税も約50%減免される。

価格は以下の通り。

・523iセダン(FR/8AT):610万円
・523iツーリング(FR/8AT):640万円
・535iセダン(FR/8AT):840万円
・535iツーリング(FR/8AT):870万円

(webCG 関)

関連キーワード:
5シリーズ セダン, 5シリーズ ツーリング, BMW, 自動車ニュース

BMW 5シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.29 試乗記 「2シリーズ グランクーペ」は、前輪駆動プラットフォームをベースに開発されたBMW初のコンパクト4ドアクーペ。最高出力306PSを誇るパワーユニットと4WDを組み合わせた「M235i xDrive」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.14 試乗記 “クラス最強”をうたう、最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積んだハイパフォーマンス4ドアクーペ「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+」に試乗。高速道路とワインディングロードでその走りを味わった筆者は、深く感銘を受けたのだった。
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
ホームへ戻る