クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第478回:街で“作品”に出会ったら……?
著名なカーデザイナーに作家としての心理を聞く

2016.12.02 マッキナ あらモーダ!

「心に残る仕事」がある

2016年11月、アメリカ・ロサンゼルスへと向かう機上でのことだ。今回搭乗した機体は、気がつけば「エアバスA380」。座席に備えつけのディスプレイは従来型機に増して大画面である。早速機内のビデオプログラムでクラシック音楽番組を選ぶ。すると、現代を代表するソプラノ歌手であるアンナ・ネトレプコの日本公演を発見したので、それを選択する。

するとどうだ。背後のオーケストラの中にボクが高校生だった時代の後輩がいるではないか。ロサンゼルスに降り立つやいなや彼女のもとにSNSで「見たよ」とメッセージを送ると、速攻で「ありがとうございます!」の返信が、太平洋を越えて(?)舞い込んだ。

彼女が所属するオーケストラの公演は、日本では毎週のように放映されているようだ。自分が映っている番組を見るのは、どんな気持ちなのだろうか。その質問をタイプして、再び送ってみる。すると「普段の自分が映っている映像は、あまり見たくないのですが……」と控えめな導入で始まりながらも、「ネトレプコさんのような名歌手との公演では、自分も観客のような気持ちでした。見るたびに、その時の感動を思い出します」という答えが返ってきた。

たしかに、物書きのボクの場合も、ショーで発表された新型車に関する文章よりも、心に残るさまざまな人との出会いを記した記事のほうが、読み返したくなるものだ。

話は変わって、自動車のデザイナーは職業柄、街中で過去の作品を頻繁に目にするはずである。かつての“仕事の成果”を見るとき、彼らはどのような思いを抱くのだろうか? ボクに言わせれば、自分の作品が世界中の道路を走っているなんて、夢のような仕事ではないか。

ロサンゼルス国際空港。筆者が今年、ロサンゼルスオートショーを取材したときのもの。
ロサンゼルス国際空港。筆者が今年、ロサンゼルスオートショーを取材したときのもの。拡大
ペーター・シュライヤー氏。アウディのデザイナーとして「TT」を手がけるなど活躍した後、キアの社長に就任した。写真は、就任後初の国際ショーとなった、2013年のデトロイトモーターショーでのワンシーン。奥に見える“バーチャル・ペーター”が注目を集めた。
ペーター・シュライヤー氏。アウディのデザイナーとして「TT」を手がけるなど活躍した後、キアの社長に就任した。写真は、就任後初の国際ショーとなった、2013年のデトロイトモーターショーでのワンシーン。奥に見える“バーチャル・ペーター”が注目を集めた。拡大
1998年にデビューした初代「アウディTT」。開発前段階のデザインスタディーモデルと変わらぬ個性的な姿で製品化され、話題となった。
1998年にデビューした初代「アウディTT」。開発前段階のデザインスタディーモデルと変わらぬ個性的な姿で製品化され、話題となった。拡大

思い出すのは「現場のこと」

まずはBMWで初代「MINIクラブマン」をはじめ数々の MINIを手がけたことで知られるゲルト・ヒルデブラント氏に聞いてみた。彼は現在、中国の新興ブランドであるクオロスのデザインダイレクターとして、ひと月のうち半分を上海、もう半分を欧州に設けられたR&Dセンターで過ごす多忙な生活を送る。その間にもたびたびミニカーショップに出没しているとのうわさも聞かれる、根っからのカー・ガイである。

そんな彼は、くだんの質問に対して、「かつて手がけたクルマを見て真っ先に思い出すのは、一緒に開発で苦楽をともにしたスタッフたちだ」と楽しそうに教えてくれた。

先日訪れたLAショーの会場では、アウディ時代に「TT」を手がけ、2012年末からは韓国キアの社長という重職にあるペーター・シュライヤー氏にも同じ質問を投げかけてみた。彼の場合、「一台一台にストーリーがある。信号で止まって、(かつて手がけたクルマが)目に止まったときも、そうしたエモーションがよみがえってくる」と明かしてくれた。

一方、BMWで4代目「3シリーズ」(E46)などのデザイン開発を主導し、現在、BMWグループ・デザインワークスUSAでクリエイティブディレクターを務めるエリック・ゴプレン氏は、「ある意味、恥ずかしいものです」と笑顔で答えた。その理由は? 「過去の仕事を見ると、今よりも明らかにレギュレーションが緩かった中で仕事をしていたことがわかるから」という。年を追うごとに各国の保安基準が厳しくなり、デザインの自由度が制約される中、いかにクリエイティブな要素を投入するか……日々苦労している様子がうかがえるコメントだった。

ゲルト・ヒルデブラント氏。2015年の上海ショーにおける、クオロスのブースで。
ゲルト・ヒルデブラント氏。2015年の上海ショーにおける、クオロスのブースで。拡大
初代「MINIクラブマン」。ゲルト・ヒルデブラント氏が、BMW在籍中にデザインを手がけた、
初代「MINIクラブマン」。ゲルト・ヒルデブラント氏が、BMW在籍中にデザインを手がけた、拡大
BMWグループ・デザインワークスUSAのエリック・ゴプレン氏(写真左)。右はアートセンター・カレッド・オブ・デザインで長年教鞭(きょうべん)をとってきたマーク・シュテーレンベルガー氏。
BMWグループ・デザインワークスUSAのエリック・ゴプレン氏(写真左)。右はアートセンター・カレッド・オブ・デザインで長年教鞭(きょうべん)をとってきたマーク・シュテーレンベルガー氏。拡大
4代目「BMW 3シリーズ」(E46型)。ゴブレン氏の作品のひとつ。
4代目「BMW 3シリーズ」(E46型)。ゴブレン氏の作品のひとつ。拡大

カーデザインには未来がある

かつての真珠王・御木本幸吉は、「世界中の女性の首を真珠でしめてご覧に入れます」という名言を残した。ゆえにカーデザイナーも、「世界中の道を自分のクルマで埋めてみせる」といった野望や、その征服感を語るのかと思いきや、実は彼らが過去作を見て第一に思いをはせるのは、完成に至るまでのストーリーであり、苦楽をともにしたスタッフなのである。

その背景には、今日のカーデザインが、「シトロエンDS」の時代のように1人の天才の仕事ではなく、高度なチームワークの産物であるという事実が挙げられるだろう。冒頭のオーケストラで、共演者との思い出のほうが先に思い出されるのと、どこか似ているとは言えまいか。

そんなことを思いながらLAショーの会場を歩いていると、泣く子も黙るカーデザイン教育の名門「アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン」のスタンドにさしかかった。

その番をしていたハンドルネーム「キットカット」君は、マカオからやってきた学生だった。今日、日本ではカーデザインを志す学生が減っていると聞く。実際、キットカット君の周囲にも、日本人は数えるほどだという。世界的にも若者のクルマに対する関心が減っている中、あえてこの道を選んだ理由は何なのか? すると彼は、「これからの自動車は、自動運転化に電動化と、飛躍的な発展を遂げる。そうした中でカーデザインは、よりチャレンジしがいのある分野になるからね」と、自信をもって答えてくれた。

キットカット君も先輩デザイナー諸氏のように、信号待ちで自分がデザインしたクルマを眺めるときが、いつかくるかもしれない。そのとき彼がデザインしたクルマのステアリングを握っているのがボクだったりすると、これまたドラマになるではないか。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>、BMW、アウディ/編集=関 顕也)

前述のペーター・シュライヤー氏が社長を務めるキアが、2016年11月のLAショーに出展した「ソウル エクスクレイム」。
前述のペーター・シュライヤー氏が社長を務めるキアが、2016年11月のLAショーに出展した「ソウル エクスクレイム」。拡大
ゲルト・ヒルデブラント氏がデザインを統括するクオロスの「2プラグイン ハイブリッド コンセプト」。2015年の上海ショーで。
ゲルト・ヒルデブラント氏がデザインを統括するクオロスの「2プラグイン ハイブリッド コンセプト」。2015年の上海ショーで。拡大
アートセンター・カレッジ・オブ・デザインのスタンドで。前列でイラストを手にするのが、マカオからやってきた「キットカット」君。未来のデザイン担当副社長か。
アートセンター・カレッジ・オブ・デザインのスタンドで。前列でイラストを手にするのが、マカオからやってきた「キットカット」君。未来のデザイン担当副社長か。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。