チェック柄シートが特徴の「フィアット500スカッコ」発売

2016.12.02 自動車ニュース
「フィアット500スカッコ」
「フィアット500スカッコ」拡大

FCAジャパンは、200台限定の特別仕様車「フィアット500 Scacco(スカッコ)」を、2016年12月3日に発売する。

「500スカッコ」のリアビュー。写真は、ボディーカラーが「コーラル レッド」のもの。
「500スカッコ」のリアビュー。写真は、ボディーカラーが「コーラル レッド」のもの。拡大
アイボリー×コーラル レッドのチェックシート。
アイボリー×コーラル レッドのチェックシート。拡大
こちらはブラックのチェックシート。ボディーカラーがボサノバ ホワイトのモデルに組み合わされる。
こちらはブラックのチェックシート。ボディーカラーがボサノバ ホワイトのモデルに組み合わされる。拡大

今回のフィアット500スカッコは、通常は設定されていない「フィアット500 1.2ラウンジ」がベースの限定車。イタリア語で「チェック柄」を意味する車名(スカッコ)の通り、専用のチェックシートが備わる。米国ビーツ・エレクトロニクス社の「BeatsAudioプレミアムサウンドシステム」もセリングポイントのひとつ。

エクステリアは、専用の15インチアルミホイールでドレスアップ。ボディーカラーは「ボサノバ ホワイト」と「コーラル レッド」の2色が用意され、ボサノバ ホワイトのモデルにはブラックのチェックシートが、コーラル レッドのモデルにはアイボリー×コーラル レッドのチェックシートが組み合わされる。

価格は235万4400円。各色100台ずつ、計200台限定で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.5.21 試乗記 ツインエアを積んで復活した「フィアット・パンダ」が、日本に上陸。好きな人にはたまらない、その魅力に触れた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
  • 宝石をイメージした「フィアット500」限定発売 2018.10.4 自動車ニュース FCAジャパンは2018年10月3日、エピックブルーの専用ボディーカラーやフラウ社製レザーシートを特徴とする「フィアット500」「フィアット500C」の限定車「Zaffiro(ザッフィロ)」を発表した。同月13日に販売を開始する。
ホームへ戻る