「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場

2017.01.06 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴ ゼン」
「ルノー・トゥインゴ ゼン」拡大

ルノー・ジャポンは2017年1月6日、コンパクトカー「トゥインゴ」にエントリーグレード「ゼン」を追加設定し、同年1月12日に発売すると発表した。

「トゥインゴ ゼン」のインテリア。
「トゥインゴ ゼン」のインテリア。拡大
15インチスチールホイールとフルホイールキャップ。
15インチスチールホイールとフルホイールキャップ。拡大
5段マニュアルトランスミッションのシフトノブ。
5段マニュアルトランスミッションのシフトノブ。拡大
1リッター直3自然吸気エンジン。
1リッター直3自然吸気エンジン。拡大

カタログモデルにいよいよMTが登場

トゥインゴは、ルノーがラインナップするAセグメントのコンパクトカーである。現行モデルはその3代目にあたり、従来モデルとは異なるRRの駆動方式が特徴とされている。日本での発売は2016年9月で、これまでは「インテンス」の1グレードのみが販売されていた。

今回追加された「ゼン」は装備を簡素化したエントリーグレードであり、既存のインテンスと比べ、ボディーサイドのクローム装飾やバックソナー、オートライト、フロント雨滴感応式オートワイパーなどが非装備となるほか、エアコンはマニュアル式、足元の仕様はスチールホイールとフルホイールキャップの組み合わせとなる。

エンジンとトランスミッションの組み合わせは2種類で、インテンスと同じ0.9リッター直3ターボエンジンと6段EDC(エフィシェントデュアルクラッチ)に加え、現行モデルの日本導入時に設定された限定車「サンクS」と同じ1リッター自然吸気エンジンと5段MTの仕様も用意されている。

トゥインゴのラインナップと価格は以下の通り。

  • インテンス キャンバストップ(6段EDC):199万円
  • インテンス(6段EDC):189万円
  • ゼン(6段EDC):180万円
  • ゼン(5段MT):171万円

(webCG)
 

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • 視認性を高めてより安全に 「ルノー・トゥインゴ」の限定車「ブリヤント」発売 2020.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年5月14日、コンパクトカー「ルノー・トゥインゴ」に台数100台の限定車「トゥインゴ ブリヤントEDC/ブリヤントEDCキャンバストップ」を設定。同日、販売を開始した。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATICシューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2020.5.18 試乗記 クーペライクなスタイリングを身上とするメルセデス・ベンツのコンパクトワゴン「CLAシューティングブレーク」が、2代目にモデルチェンジ。気の利いたデザインとワゴンならではの機能性を併せ持つこのモデルの魅力を、ひとことで表すと……?
  • 「マツダ3セダン」に1.5リッターガソリンエンジン搭載モデルが登場 2020.5.21 自動車ニュース マツダは2020年5月21日、「マツダ3セダン」のモデルラインナップに1.5リッター直4ガソリンエンジン搭載車を追加設定し、販売を開始した。これまで1.5リッターエンジンは「ファストバック」のみに搭載されていた。
ホームへ戻る