ルノー・ルーテシアの特別限定車「S」、発売

2011.10.13 自動車ニュース

「ルノー・ルーテシア」の特別限定車「S」、発売

ルノー・ジャポンは、コンパクトカー「ルーテシア」に特別限定車「ルーテシアS」を設定し、2011年10月13日に発売した。

今回の「ルーテシアS」は、内外装に独自のドレスアップが施された特別仕様車だ。
基本のボディーカラーは、フランス国旗のトリコロールにちなんで、青(ブルー・エクストレーム・メタリック)、赤(ルージュ・ビフ)、白(ブラン・グラシエ)の3色。これに、真っ白なアロイホイール、ドアハンドル、センターコンソール&トリム、スピードメーター&タコメーターが組み合わされる。

青と赤のモデルは、さらにフロントエアインテークの下部とリアスポイラー、サイドミラーがホワイトで塗られ、ルーフとボディーサイドには「S」ロゴ入りのホワイトデカールが貼られる。
ボディーカラーが白のモデルのみ、それらパーツとデカールの色はレッドになる。

そのほか、以下の点が、既にラインナップしている「ルーテシア」との相違点。
・「S」ロゴ入りのファブリックスポーツシート(ヘッドレスト固定式)
・ベンチタイプのリアシート(非分割の可倒式)
・リアシート中央席のヘッドレストレス
・手動式リアドアガラス
・リアサイドおよびリアのプライバシーガラス
・マニュアル式エアコン

トランスミッションはMTのみ。価格は、「ルーテシア」(MT車)より24万円安い185万8000円。各色10台ずつ、計30台の限定で販売される。

(webCG 関)

「ルノー・ルーテシアS」
「ルノー・ルーテシアS」 拡大

ルノー・ルーテシアの特別限定車「S」、発売の画像 拡大

ルノー・ルーテシアの特別限定車「S」、発売の画像 拡大

ルノー・ルーテシアの特別限定車「S」、発売の画像 拡大

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • FCAが新型「フィアット500」を世界初公開 デザインは踏襲しつつ100%電気自動車に 2020.3.5 自動車ニュース FCAがイタリア・ミラノで新型「フィアット500」を世界初公開。100%電気自動車となっており、パワーユニットには最高出力87kWの電動モーターを搭載。リチウムイオンバッテリーの蓄電量は42kWhで、320kmの航続距離を実現しているという。
ホームへ戻る