「カローラ」シリーズに装備充実の特別仕様車

2011.10.12 自動車ニュース

「トヨタ・カローラ」シリーズに装備充実の特別仕様車

トヨタ自動車は、セダン「カローラアクシオ」とワゴン「カローラフィールダー」のそれぞれに特別仕様車「X“HID Extra Limited”」を設定し、2011年10月12日に発売した。

今回の特別仕様車は、「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」ともに、1.5リッターモデルのベーシックグレード「X」(CVT車)がベース。快適装備などの充実が図られている。代表的な特別装備は、以下の通り。

・プロジェクター式ディスチャージヘッドランプ
・スマートエントリー&スタートシステム
・盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム)
・花粉除去モード付のオートエアコン&プッシュ式ヒーターコントロールパネル
・前席のバニティミラー付きサンバイザー

上記に加えて、「カローラアクシオ」の「X“HID Extra Limited”」には、ドライブモニター、タコメーター、フロントパーソナルランプなども備わり、ボディーカラーは特別色のダークグレーマイカを含む全5色が用意される。
価格はFF車が154万円で、4WD車が173万9500円。ベースモデルに比べ10万円高となる。

「カローラフィールダー」の「X“HID Extra Limited”」は、LEDスリットビームストップランプ付きリアスポイラー、(リアドアとリアクオーターバックドアの)UVカット機能付きプライバシーガラスなどが上記特別装備に加えられる。
こちらも特別色ホワイトパールクリスタルシャインを含む全5色展開で、価格はベースモデル比10万円高。FF車が169万5000円で、4WD車が188万4000円。

(webCG 関)

「カローラアクシオX“HID Extra Limited”」
「カローラアクシオX“HID Extra Limited”」 拡大
「カローラフィールダーX“HID Extra Limited”」
「カローラフィールダーX“HID Extra Limited”」 拡大

関連キーワード:
カローラ フィールダー, カローラ アクシオ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カローラ フィールダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ フィールダー1.5G“W×B”(FF/CVT)【試乗記】 2015.6.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「カローラ」シリーズの中からワゴンモデルの「フィールダー」に試乗。23.0km/リッター(JC08モード)の燃費をうたう新型1.5リッターエンジン搭載車の“実用車力”を探った。
  • トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.2 試乗記 「トヨタ・カローラ」シリーズに燃費33.0km/リッターのハイブリッド仕様が登場。トヨタ伝統の定番車種は、ハイブリッドシステムを得てどんなクルマとなったのか。2泊3日の試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・カローラ フィールダー1.8S“AEROTOURER”(FF/CVT)【試乗記】 2012.11.24 試乗記 トヨタ・カローラ フィールダー1.8S“AEROTOURER”(FF/CVT)
    ……236万5648円

    「若々しくダイナミックなワゴン」が「カローラ フィールダー」のテーマ。その中で最もスポーティーに仕立てられた「1.8S“AEROTOURER”」は、世が世ならスポーティーカーだった!? 箱根を目指した。
  • カワサキW800ストリート(MR/5MT)【レビュー】 2019.11.5 試乗記 一度はカタログから消えた「カワサキW800」が、大がかりな仕様変更を受けてカムバック。カスタムバイクを思わせるクールな「ストリート」モデルは、その乗り味も若々しさにあふれていた。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
ホームへ戻る