「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場

2017.02.02 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」
「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年2月1日、「Cクラス」シリーズの仕様を一部変更するとともに新グレードを追加し、同日販売を開始した。

「C180クーペ」
「C180クーペ」拡大

4気筒ガソリン車に9段ATを採用

今回の変更では、「350e」を除く4気筒ガソリンエンジン車のトランスミッションに、既存の7段ATに代えて9段AT「9G-トロニック」を採用。また新グレードとして、「C200 4MATICアバンギャルド」「C200ステーションワゴン 4MATICアバンギャルド」「C180クーペ」を新設定した。現行型のCクラスでは、AMGモデル以外に4WD車が設定されるのは今回が初。また「C180クーペ」は、500万円を切る「Cクラス クーペ」の新しいエントリーグレードとなる。

装備の設定も見直しており、セダンとステーションワゴンでは「C200アバンギャルド」「C220dアバンギャルド」(ステーションワゴンは「スポーツ」「本革仕様」含む)では、これまで標準装備だった「レーダーセーフティパッケージ」をオプション設定に変更。「C180ステーションワゴン」にはレーダーセーフティパッケージを新たにオプション設定した。

このほかにも、「Cクラス セダン」ではオプション装備の「プレミアムパッケージ」「エクスクルーシブパッケージ」(「AMG C43 4MATIC」のみ)にヘッドアップディスプレイを追加。ステーションワゴンでは一部のグレードで標準装備とした。

一方クーペでは、「C180クーペ スポーツ」にシートヒーター(前席)、メモリーシート(前席)、イグニッション・オン時にシートベルトを前方へ押し出し、乗員のシートベルト装着をサポートする「オートマティックベルトフィーダー」を標準装備とした。

価格はセダンが「C180」の436万円から「AMG C63 S」の1352万円、ステーションワゴンが「C180」460万円から「AMG C63 S」の1423万円、クーペが「C180」の499万円から「AMG C63 S」の1348万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Cクラス クーペ, Cクラス ステーションワゴン, Cクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.15 試乗記 最高出力435psを誇る「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」は、4ドアクーペ「CLS」のトップパフォーマンスモデルだ。公道で実力の一端を……と試乗に臨んだリポーターは、むしろ“公道でこそ”と思えるフットワークの仕上がりに驚いたのだった。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • 次世代運転支援システムを採用 「メルセデス・ベンツEクラス」がマイナーチェンジ 2020.3.6 自動車ニュース 独ダイムラーは、2020年3月3日(現地時間)、「メルセデス・ベンツEクラス」のマイナーチェンジモデルを発表した。現行モデルでは初の大規模改良であり、内外装のリフレッシュに加え、安全装備の進化・充実などが図られている。
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
ホームへ戻る