「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場

2017.02.02 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」
「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年2月1日、「Cクラス」シリーズの仕様を一部変更するとともに新グレードを追加し、同日販売を開始した。

「C180クーペ」
「C180クーペ」拡大

4気筒ガソリン車に9段ATを採用

今回の変更では、「350e」を除く4気筒ガソリンエンジン車のトランスミッションに、既存の7段ATに代えて9段AT「9G-トロニック」を採用。また新グレードとして、「C200 4MATICアバンギャルド」「C200ステーションワゴン 4MATICアバンギャルド」「C180クーペ」を新設定した。現行型のCクラスでは、AMGモデル以外に4WD車が設定されるのは今回が初。また「C180クーペ」は、500万円を切る「Cクラス クーペ」の新しいエントリーグレードとなる。

装備の設定も見直しており、セダンとステーションワゴンでは「C200アバンギャルド」「C220dアバンギャルド」(ステーションワゴンは「スポーツ」「本革仕様」含む)では、これまで標準装備だった「レーダーセーフティパッケージ」をオプション設定に変更。「C180ステーションワゴン」にはレーダーセーフティパッケージを新たにオプション設定した。

このほかにも、「Cクラス セダン」ではオプション装備の「プレミアムパッケージ」「エクスクルーシブパッケージ」(「AMG C43 4MATIC」のみ)にヘッドアップディスプレイを追加。ステーションワゴンでは一部のグレードで標準装備とした。

一方クーペでは、「C180クーペ スポーツ」にシートヒーター(前席)、メモリーシート(前席)、イグニッション・オン時にシートベルトを前方へ押し出し、乗員のシートベルト装着をサポートする「オートマティックベルトフィーダー」を標準装備とした。

価格はセダンが「C180」の436万円から「AMG C63 S」の1352万円、ステーションワゴンが「C180」460万円から「AMG C63 S」の1423万円、クーペが「C180」の499万円から「AMG C63 S」の1348万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Cクラス クーペ, Cクラス ステーションワゴン, Cクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良 自然な音声操作が可能なMBUXを採用 2020.7.17 自動車ニュース メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良。自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備したほか、グレードに応じて、パノラミックルーフやカーボンファイバールーフもオプション設定した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
  • モーガン・プラスフォー(FR/6MT)【試乗記】 2021.4.26 試乗記 “木とアルミのスポーツカー”ことモーガンから、ニューモデル「プラスフォー」が登場。新世代シャシーにモダンな2リッターターボを搭載したこのクルマは、モーガン伝統のドライブフィールと硬派なスポーツカーの魅力を併せ持つ、希有(けう)な一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る