ランボルギーニ・ウラカン スパイダー(前編)

2017.02.09 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」である。「昔のランボは運転するのが怖かった」と告白する谷口。では最新のランボは谷口の手にどんな感触を残したのだろうか。

クルマのことがわかっている!

「ヤバイですねえ、このクルマ。刺激のカタマリ、まるでシゲキックスをクルマにしたみたいな感じです」

ランボルギーニ・ウラカン スパイダーの試乗を終えた谷口信輝は、まだ興奮冷めやらぬといった表情でそうまくしたてた。
「エクステリアもそうだけど、インテリアも刺激的。カバーを開けてエンジンスタートのボタンを押したり、リバースポジションを選ぶレバーがやけにメカメカしかったりと、まるでガンダムの世界。これ、ガンダムカラーとか売り出したらいいんじゃない。それで毎朝『アムロ、行ってきまーす!』みたいな感じで出掛けていってほしい(笑)」

ランボルギーニ自身も、ジェット戦闘機をイメージしたカラーリングの「アヴィオ」なんていう限定モデルをリリースしたくらいだから、まったくその気がないわけでもないだろう。とはいえ、今回ウラカン スパイダーに試乗して、谷口のランボルギーニに対する印象は大きく変わったという。

「昔のランボは運転するのが怖かった。加速はものすごいけれど、ブレーキはブワーンとした感じだし、コーナーの手前では必ずブレーキをかけないと心配で仕方なかった。ところが、ウラカンは兄弟モデルの『アウディR8』にかなり近寄りましたね。まあ、新しいR8がランボルギーニ寄りになったともいえるけれど、これまでは『クルマのことをまったく知らない人が作っているに違いない』と思っていたものが、『あ、ちゃんとクルマのことがわかった人を会社に入れましたね』ってくらい、クルマ自体が変わっています」

では、ウラカンのインプレッションを谷口に語ってもらおう。
「エンジンはバツグンにいいですね。どの回転域でも『ラグってなに?』というくらいレスポンスがいいし、ギアボックスの反応も速くてスムーズ。ボディーは頑丈で、なんだかわらないけれど“頑鉄岩男(ガンテツ・イワオ)”っていいたくなるくらい剛性が高い。なにしろ、いまあらためて聞かれるまで、オープンボディーってことを忘れていたくらいですから。サスペンションはちゃんと足が動くセッティングで、トラクションも回頭性も文句なし。コーナリング中になにか操作を追加してもちゃんとそれに追従してくれるから、不安感はまったくありません。あと、リアの落ち着きはバツグンにいいですよ」

 
ランボルギーニ・ウラカン スパイダー(前編)の画像拡大
 
ランボルギーニ・ウラカン スパイダー(前編)の画像拡大
 
ランボルギーニ・ウラカン スパイダー(前編)の画像拡大
ランボルギーニ・ウラカン スパイダー
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4459×1924×1180mm/ホイールベース:2620mm/車重:1542kg(乾燥重量)/駆動方式:4WD/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:610ps(449kW)/8250rpm/最大トルク:57.1kgm(560Nm)/6500rpm/タイヤ:(前)245/30R20 (後)305/30R20/車両価格:3268万2960円
ランボルギーニ・ウラカン スパイダー
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4459×1924×1180mm/ホイールベース:2620mm/車重:1542kg(乾燥重量)/駆動方式:4WD/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:610ps(449kW)/8250rpm/最大トルク:57.1kgm(560Nm)/6500rpm/タイヤ:(前)245/30R20 (後)305/30R20/車両価格:3268万2960円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー/アヴェンタドールSVJロードスター 2019.3.6 画像・写真 伊ランボルギーニは2019年3月5日(現地時間)、V10エンジン搭載の「ウラカンEVOスパイダー」とV12エンジン搭載の「アヴェンタドールSVJロードスター」を、ジュネーブモーターショー発表。それぞれを写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー(前編) 2020.12.6 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー」に試乗。箱根のワインディングロードで感じ取ったその長所と短所を、余すところなく語りつくす!
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.20 試乗記 モデルライフ半ばの改良が施された、イタリアンスーパースポーツ「ランボルギーニ・ウラカン」。最新型のオープンバージョンに試乗した筆者は、マイナーチェンジという言葉では言い尽くせない劇的な進化に驚かされたのだった。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
ホームへ戻る