ランボルギーニ・ウラカン スパイダー(後編)

2017.02.16 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」に試乗する。「こういうクルマがなくなっちゃいけない」と力説する谷口。かつてのスーパーカー少年は、最新のランボルギーニに何を見たのだろうか?

こういうクルマがなくなっちゃいけない

「あれれれ、思い出してきましたよ」
ウラカン スパイダーの姿態を斜め後方から眺めていた谷口信輝がポツリとつぶやいた。

「僕、小さい頃はスーパーカー消しゴムを集めていた、スーパーカー少年でした。でもね、今日、この場所にきてからずっと『ランボルギーニに乗るような人たちの仲間には入りたくない』ってなんとなく思っていたんですよ。なんでそうなってしまうかというと、これはウチの妻の影響ですね(笑)。彼女はフェラーリとかランボルギーニみたいなスポーツカーは窮屈だからといって乗りたがらない。もっと室内の広い、SUVみたいなクルマが好きなんです。それで、僕もなんとなくスーパースポーツカーと距離を置くようになっていたのかもしれません」

谷口の口調が、ここでキリリと引き締まったのを私は見逃さなかった。
「でもね、こういうクルマが世の中からなくなっちゃいけないんです。僕みたいなクルマ好き人間の憧れの対象として存在し続けてもらわないといけない。いや、絶対にそうなんです。あれ、変だな。ランボルギーニ・ウラカン、だんだんすんなり受け入れられるようになってきました。まずいな、今日の僕。ところでこのクルマ、おいくらですか?」

谷口がスーパースポーツカーの値段を尋ねるとは珍しい。ちなみに今回試乗した4WD仕様のウラカン スパイダー、定価は3268万2960円である。
「なるほど、内容を考えれば決して高すぎるということはありませんね」
ほほー、これも谷口にしては珍しい反応である。

 
ランボルギーニ・ウラカン スパイダー(後編)の画像拡大
 
ランボルギーニ・ウラカン スパイダー(後編)の画像拡大
 
ランボルギーニ・ウラカン スパイダー(後編)の画像拡大
ランボルギーニ・ウラカン スパイダー
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4459×1924×1180mm/ホイールベース:2620mm/車重:1542kg(乾燥重量)/駆動方式:4WD/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:610ps(449kW)/8250rpm/最大トルク:57.1kgm(560Nm)/6500rpm/タイヤ:(前)245/30R20 (後)305/30R20/車両価格:3268万2960円
ランボルギーニ・ウラカン スパイダー
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4459×1924×1180mm/ホイールベース:2620mm/車重:1542kg(乾燥重量)/駆動方式:4WD/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:610ps(449kW)/8250rpm/最大トルク:57.1kgm(560Nm)/6500rpm/タイヤ:(前)245/30R20 (後)305/30R20/車両価格:3268万2960円拡大
 
ランボルギーニ・ウラカン スパイダー(後編)の画像拡大

関連キーワード:
ウラカン スパイダー, ランボルギーニ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー/アヴェンタドールSVJロードスター 2019.3.6 画像・写真 伊ランボルギーニは2019年3月5日(現地時間)、V10エンジン搭載の「ウラカンEVOスパイダー」とV12エンジン搭載の「アヴェンタドールSVJロードスター」を、ジュネーブモーターショー発表。それぞれを写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー(4WD/7AT)【試乗記】 2018.11.20 試乗記 空力特性を変化させ走行性能を高める空力デバイスや、軽量なフォージドカーボンを採用した「ウラカン」のハイパフォーマンスグレード「ペルフォルマンテ」。そのオープン版として追加された「スパイダー」はどんなパフォーマンスを見せるのか?
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • レクサスRC Fトラックエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.1 試乗記 マイナーチェンジが行われた「レクサスRC F」に、日本での正式発表に先立ち米カリフォルニア州パームスプリングスで試乗。熱い走りを予感させる「トラックエディション」と名付けられた、新たなトップモデルのパフォーマンスに迫る。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
ホームへ戻る