【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場

2017.02.13 自動車ニュース
「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」
「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」拡大

独ダイムラーは2017年2月13日、「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で世界初公開すると発表した。

 
【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場の画像拡大

メルセデス・マイバッハG650ランドーレットは、エクスクルーシブ性を追求したメルセデス・ベンツのサブブランド、メルセデス・マイバッハからリリースされる99台の限定モデルである。

ランドーレットという車名にも表れている通り、全長が5345mm、全高が2235mm、ホイールベースが3428mmという巨大なボディーのリアセクションには、電動開閉式のソフトトップを装備。リアシートは巨大なセンターコンソールで仕切られた左右独立式で、前席と後席の間を仕切るパーテーションには、10インチ(25.4cm)のディスプレイを持つエンターテインメントシステムが備わっている。

エンジンはメルセデスAMG製のV12ツインターボで、630ps(463kW)の最高出力と102.0kgm(1000Nm)の最大トルクを発生。450mmの最低地上高を確保するなど、悪路走破性能についても追求されており、デファレンシャルの差動を止めて動力軸を直結にできるデフロック機構をはじめ、「G63 AMG 6×6」や「G550 4×4²」ゆずりのポータルアクスル、325/55R22サイズの巨大なタイヤなどが採用されている。

発売は2017年秋の予定。

(webCG)

→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る
 

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Gクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツの本格クロカン「Gクラス」に、最高出力286PS、最大トルク600N・mの新世代直6ディーゼルエンジンを搭載する「G350d」が追加された。最もリーズナブルなプライスを掲げながらも本命との呼び声も高い、新グレードの実力やいかに?
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • アルヴィス4.3リッター バンデンプラ ツアラー(FR/6MT)【試乗記】 2020.7.28 試乗記 「アルヴィス4.3リッター バンデンプラ ツアラー」は絵に描いたようなクラシックカーだが、実は2020年現在でも1937年式として新車注文が可能な英国車だ。そのカラクリを解き明かすとともに、戦前のスーパーカーの走りを味わってみた。
ホームへ戻る