「ボルボ・アマゾン」のブルーをまとった「V40」の限定車登場

2017.02.16 自動車ニュース
「ボルボV40 D4アマゾンブルーエディション」
「ボルボV40 D4アマゾンブルーエディション」拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月16日、5ドアハッチバック「V40」に特別仕様車「アマゾンブルーエディション」を設定し、200台の台数限定で発売した。

シートカラーには「シティウィーブ」を採用。パノラマガラスルーフも標準で備わる。
シートカラーには「シティウィーブ」を採用。パノラマガラスルーフも標準で備わる。拡大
1956年にデビューした「ボルボ・アマゾン」。1970年まで製造が続けられ、66万7791台が出荷された。
1956年にデビューした「ボルボ・アマゾン」。1970年まで製造が続けられ、66万7791台が出荷された。拡大

今回の特別仕様車は、2016年にデビュー60周年を迎え、世界で初めて3点式シートベルトを標準装備した「ボルボ・アマゾン」をオマージュして設定されたモデル。ボディーカラーにはアマゾンの「ライトブルー」が採用されている。

シートカラーには「シティウィーブ」を採用。これは都会的でモダンな意味を込めたシティーと、繊維を織る、編むという意味のウィーブを組み合わせた造語で、シックでモダンなチェック柄のテキスタイルとなっている。2014年のジュネーブショーでカーオブザショーを受賞した「コンセプト エステート」のシートデザインから、エッセンスを引き継いで開発されたという。

さらにパノラマガラスルーフを標準装備したほか、歩行者エアバッグや歩行者・サイクリスト検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステムなど、11種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」を標準装備する。

価格は以下の通り。(カッコ内は限定台数)

  • V40 T3アマゾンブルーエディション(100台):384万円
  • V40 D4アマゾンブルーエディション(100台):409万円

(webCG)

関連キーワード:
V40, ボルボ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • HDDナビを標準装備、「ボルボV40」にお得な特別仕様車 2018.7.19 自動車ニュース 「ボルボV40」に特別仕様車「V40 D4ナビエディション」が登場。HDDナビゲーションシステムや純正ドライブレコーダーなどを標準装備しつつ、ベース車からの価格アップを10万円に抑えているという。200台限定で販売される。
  • 第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめる 2015.8.10 徹底検証! ボルボのディーゼル すぐれた燃費性能がうたわれる、ボルボのクリーンディーゼル搭載車。では、実際に満タン・無給油で、どれだけの距離を走れるのか? “ミスター・テスター”笹目二朗が、「V40 D4 SE」でテストした。
ホームへ戻る