「ボルボ・アマゾン」のブルーをまとった「V40」の限定車登場

2017.02.16 自動車ニュース
「ボルボV40 D4アマゾンブルーエディション」
「ボルボV40 D4アマゾンブルーエディション」拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月16日、5ドアハッチバック「V40」に特別仕様車「アマゾンブルーエディション」を設定し、200台の台数限定で発売した。

シートカラーには「シティウィーブ」を採用。パノラマガラスルーフも標準で備わる。
シートカラーには「シティウィーブ」を採用。パノラマガラスルーフも標準で備わる。拡大
1956年にデビューした「ボルボ・アマゾン」。1970年まで製造が続けられ、66万7791台が出荷された。
1956年にデビューした「ボルボ・アマゾン」。1970年まで製造が続けられ、66万7791台が出荷された。拡大

今回の特別仕様車は、2016年にデビュー60周年を迎え、世界で初めて3点式シートベルトを標準装備した「ボルボ・アマゾン」をオマージュして設定されたモデル。ボディーカラーにはアマゾンの「ライトブルー」が採用されている。

シートカラーには「シティウィーブ」を採用。これは都会的でモダンな意味を込めたシティーと、繊維を織る、編むという意味のウィーブを組み合わせた造語で、シックでモダンなチェック柄のテキスタイルとなっている。2014年のジュネーブショーでカーオブザショーを受賞した「コンセプト エステート」のシートデザインから、エッセンスを引き継いで開発されたという。

さらにパノラマガラスルーフを標準装備したほか、歩行者エアバッグや歩行者・サイクリスト検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステムなど、11種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」を標準装備する。

価格は以下の通り。(カッコ内は限定台数)

  • V40 T3アマゾンブルーエディション(100台):384万円
  • V40 D4アマゾンブルーエディション(100台):409万円

(webCG)

関連キーワード:
V40, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • 第2回:どこが変わった? 2015の「T4 SE」 2014.12.29 ボルボV40の“いま”を知る ボルボV40 T4 SE(FF/6AT) 2013年のデビュー以来、好調なセールスが伝えられる「ボルボV40」。最新2015年モデルには、さらなる商品力強化のためのリファインが施されたという。その変化のほどを、仕様変更前の「V40 T4」オーナーである自動車評論家 国沢光宏がチェックした。
ホームへ戻る