ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開

2017.02.28 自動車ニュース
新型「ポルシェ・パナメーラ ターボ」と、ポルシェ ジャパンの七五三木(しめぎ)敏幸社長(右)、ポルシェAG パナメーラ プロダクトライン セールス&マーケティングダイレクターのステファン・ウチ氏(左)。
新型「ポルシェ・パナメーラ ターボ」と、ポルシェ ジャパンの七五三木(しめぎ)敏幸社長(右)、ポルシェAG パナメーラ プロダクトライン セールス&マーケティングダイレクターのステファン・ウチ氏(左)。拡大

ポルシェ ジャパンは2017年2月28日、新型「パナメーラ」の日本仕様を初公開した。

 
ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開の画像拡大
 
ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開の画像拡大
 
ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開の画像拡大
 
ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開の画像拡大
 
ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開の画像拡大
 
ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開の画像拡大
 
ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開の画像拡大
 
ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開の画像拡大
 
ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開の画像拡大

新世代プラットフォーム「MSB」を採用

パナメーラは、ポルシェがラインナップする4ドアのスポーツセダンである。今回の新型は2代目のモデルにあたり、2016年6月にベルリンで世界初公開され、同年10月には日本でもお披露目されていた。

開発に際しては、シャシー、パワープラント、ボディーのすべてを従来モデルから一新しており、特に車両構造については「MSB」と呼ばれるポルシェの新世代プラットフォームを採用。アルミをはじめとした複合素材による軽量ボディーも、同車の特徴となっている。

パワープラントは330psを発生する3リッターV6ツインターボと、同エンジンに走行用モーターとバッテリーを組み合わせたプラグインハイブリッド、440psを発生する高出力版の3リッターV6ツインターボ、550psを発生する4リッターV8ツインターボの4種類。また、本年3月のジュネーブショーでは、4リッターV8ツインターボにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせたトップグレード「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド」も発表される予定だ。

これらに組み合わされるトランスミッションは、いずれもデュアルクラッチ式ATの8段PDK。駆動方式は4WDが主で、330ps仕様にのみFRも用意されている。

先進のシャシー制御にまつわる装備も充実しており、可変ダンパーの「ポルシェアクティブサスペンション・マネージメント」に加え、チャンバーの容量を60%増した「3チャンバーエアサスペンション」や、「リアアクスルステア」「ポルシェダイナミックシャシーコントロールスポーツ」が新たに設定された。これらの技術の採用により、新型パナメーラは高い動力性能を実現しており、特に4リッターV8ツインターボを搭載した「パナメーラ ターボ」は、ニュルブルクリンク北コースにおいて7分38秒というタイムを記録しているという。

タッチパネルの採用でコンソールをシンプルに

また、デジタル化が進められた操作インターフェイスも新型の特徴で、メーターには中央のエンジン回転計を挟むようにして2つの7インチディスプレイを搭載。センターコンソールに配置された、押しボタン式のスイッチなどは大幅に整理され、代わって空調などを操作するタッチスクリーンが装備された。インフォテインメントシステムには、12.3インチタッチスクリーンを備えた最新世代の「ポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム」を用いている。

運転支援システムも充実しており、配光制御機能付きのLEDヘッドランプ、アダプティブクルーズコントロール、ナイトビジョンアシスト、レーンキープアシスト、レーンチェンジアシスト、サラウンドビュー付きパークアシストなどが用意される。

ボディータイプは標準モデルと、ストレッチバージョンの「エグゼクティブ」の2種類。ラインナップと価格は以下の通り。

  • パナメーラ:1132万8000円
  • パナメーラ4:1182万8000円
  • パナメーラ4エグゼクティブ:1303万円
  • パナメーラ4S:1591万円
  • パナメーラ4Sエグゼクティブ:1762万円
  • パナメーラ4 E-ハイブリッド:1407万円
  • パナメーラ4 E-ハイブリッド エグゼクティブ:1529万円
  • パナメーラ ターボ:2327万円
  • パナメーラ ターボ エグゼクティブ:2540万円

(webCG)
 

関連キーワード:
パナメーラ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ パナメーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.20 試乗記 大幅改良を受けた「ポルシェ・パナメーラ」のラインナップの中から、最高出力630PSの4リッターV8ターボエンジンを搭載した「ターボS」に試乗。ニュルブルクリンク北コースで“エグゼクティブカー”の最速タイムを記録したという、その実力の一端に触れた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • 「メルセデス・ベンツG400d」登場 パワーアップした3リッター直6ディーゼル搭載 2021.5.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年5月19日、クロスカントリーモデル「メルセデス・ベンツGクラス」に最高出力330PS、最大トルク700N・mを発生する3リッター直列6気筒クリーンディーゼルエンジン搭載の「G400d」を設定し、同日、販売を開始した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.4 試乗記 ポルシェのラージサイズSUV「カイエン」に、“走りが身上”の上級グレード「GTS」が登場。専用の4リッターV8ターボエンジンとシャシーチューンの組み合わせは、いかな走りを見せるのか? 他のグレードにはないGTSならではの魅力に迫った。
ホームへ戻る