【ジュネーブショー2017】アルピーヌの新型スポーツカー「A110」の姿が明らかに

2017.03.01 自動車ニュース
「アルピーヌA110」
「アルピーヌA110」拡大

仏ルノーは2017年2月28日、アルピーヌブランドの新たなスポーツカー「A110」のイメージを公開した。

 
【ジュネーブショー2017】アルピーヌの新型スポーツカー「A110」の姿が明らかにの画像拡大

アルピーヌA110は、かつて日本でも披露されたコンセプトモデル「アルピーヌ・ビジョン」を元に開発された、市販型のスポーツカー。

アルミニウム製のプラットフォームや、俊敏な走りを実現する軽量なボディーが特徴とされている。より具体的なスペックは、ジュネーブモーターショーのプレスカンファレンスにおいて明らかにされる。

(webCG)

→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る
 

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, ルノー, モーターショー, ジュネーブモーターショー2017, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • 第573回:「アルピーヌの基本原則を突き詰める」
    アルピーヌの魔術師ジャン‐パスカル・ドゥースに聞く
    2019.6.6 エディターから一言 当初、ルノーとケータハムカーズのジョイントベンチャーとしてスタートした新生アルピーヌのスポーツカー開発計画。初期段階からプロジェクトに関わっていたチーフ・ビークル・エンジニアのジャン‐パスカル・ドゥース氏に、開発の裏側とアルピーヌの未来を聞いてみた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • アルピーヌが「A110」の高性能モデルを2020年前半に日本導入 2019.6.18 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンが「A110S」を2020年の前半に日本に導入すると発表。292psの高出力エンジンを搭載した「A110」の高性能版で、サスペンションの剛性アップやワイドタイヤの装着といった改良が施されるほか、オプションでカーボンルーフも用意されている。
ホームへ戻る