【ジュネーブショー2017】アルピーヌの新型スポーツカー「A110」の姿が明らかに

2017.03.01 自動車ニュース
「アルピーヌA110」
「アルピーヌA110」拡大

仏ルノーは2017年2月28日、アルピーヌブランドの新たなスポーツカー「A110」のイメージを公開した。

 
【ジュネーブショー2017】アルピーヌの新型スポーツカー「A110」の姿が明らかにの画像拡大

アルピーヌA110は、かつて日本でも披露されたコンセプトモデル「アルピーヌ・ビジョン」を元に開発された、市販型のスポーツカー。

アルミニウム製のプラットフォームや、俊敏な走りを実現する軽量なボディーが特徴とされている。より具体的なスペックは、ジュネーブモーターショーのプレスカンファレンスにおいて明らかにされる。

(webCG)

→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る
 

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, ルノー, モーターショー, ジュネーブモーターショー2017, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ/A110ピュア 2018.9.21 画像・写真 アルピーヌ・ジャポンは2018年9月21日、ミドシップスポーツカー「A110」をカタログモデルとして導入すると発表し、同日、予約受注を開始した。その姿を写真で紹介する。
  • アルピーヌが「A110」のカタログモデルを予約受注開始 2018.9.21 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンがミドシップスポーツカー「A110」のカタログモデルを発表。グレードはスポーティーな「ピュア」と快適性も考慮した「リネージ」の2種類で、価格は790万円から841万円となっている。販売開始は2018年11月の予定。
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION Rライン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのSUV「ティグアン」にディーゼル+4WDの「TDI」が仲間入り。ガソリンモデルのティグアンと、先行してディーゼルが導入された「パサート」、いずれもドライブ経験を持つ下野康史が、その出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る