【ジュネーブショー2017】アルピーヌの新型スポーツカー「A110」の姿が明らかに

2017.03.01 自動車ニュース
「アルピーヌA110」
「アルピーヌA110」拡大

仏ルノーは2017年2月28日、アルピーヌブランドの新たなスポーツカー「A110」のイメージを公開した。

 
【ジュネーブショー2017】アルピーヌの新型スポーツカー「A110」の姿が明らかにの画像拡大

アルピーヌA110は、かつて日本でも披露されたコンセプトモデル「アルピーヌ・ビジョン」を元に開発された、市販型のスポーツカー。

アルミニウム製のプラットフォームや、俊敏な走りを実現する軽量なボディーが特徴とされている。より具体的なスペックは、ジュネーブモーターショーのプレスカンファレンスにおいて明らかにされる。

(webCG)

→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る
 

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, ルノー, モーターショー, ジュネーブモーターショー2017, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)【試乗記】 2020.2.26 試乗記 新生「アルピーヌA110」のハイパフォーマンスバージョン「A110S」に試乗。+40PSのエンジンパワーと固く引き締められた足まわりがもたらした、ノーマルモデルとの走りの違いをリポートする。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • スバルが新型「WRX」を世界初公開 従来モデルから車両構造を全面刷新 2021.9.10 自動車ニュース スバルが米国で新型「WRX」を世界初公開した。4世代目となる新型は、車両骨格に「スバルグローバルプラットフォーム」を採用。エンジンは2.4リッターターボで、一部のグレードにはドライブモードセレクターや電子制御サスペンションも採用されるという。
  • ポルシェ718ケイマンT(MR/7AT)【試乗記】 2021.6.29 試乗記 ツーリングの「T」を車名に掲げる、ポルシェの2シーターミドシップスポーツ「718ケイマンT」。最大の特徴は、PASMやスポーツクロノパッケージ、機械式リアデフロックなどで強化したスポーツシャシーにある。果たしてその走りやいかに?
ホームへ戻る