第492回:生産終了から7年
今もプロに愛される「フィアット・ムルティプラ」

2017.03.10 マッキナ あらモーダ!

やってきた「少数派」モデル

クルマ持たざる者、来るべからず――。デトロイトしかり、愛知県豊田市しかり、自動車産業を擁する都市には、多かれ少なかれそうした雰囲気があふれている。公共交通機関が極端に乏しいのだ。

そうした街で仕方なく歩くことによって、肌で感じることもある。デトロイトは、ちょっとダウンタウンを外れただけで途端にスラム化すること。トヨタの社員用立体駐車場は、社員販売で購入した新車が多いとみえて、建物全体が新車の香りを発していること、などだ。

しかし、やはりクルマのない旅行者にとって、そうした街は不便である。「イタリアのモータウン」トリノもしかりだ。

先日、郊外のあるカロッツェリアに赴いたときも、駅からはタクシーが拾えたが、帰りが困った。少しでも節約すべく、目の前に停留所がある路線バスを使おうとしたが、切符を入手できない。イタリアでは社内で券を売らないバスが頻繁にある。そこで最寄りの券売所があるか、入り口の守衛さんに聞けば、700mくらい先のタバッキ(タバコ店)という。

ただでさえ本数の少ない郊外の路線バス。買いに行っている間に通過してしまうことは大いにあり得る。ましてや午後の2時。昼休みで閉まっていたらアウトだ。

仕方がないので、守衛さんにタクシーを呼んでもらうことにした。トリノのポルタ・ヌオーヴァ駅までは、会社と地元タクシー組合の間で協定料金があって30ユーロ(約3600円)という。頼むと、守衛さんは無線タクシーのセンターに電話をかけてくれた。
 
15分くらい待っていただろうか。タクシーがやってきた。「フィアット・ムルティプラ」(2代目)だ。2010年の生産終了から、すでに7年。もはやイタリアのタクシー界では少数派である。

トリノでタクシードライバーとして働くフラヴィオさんと「フィアット・ムルティプラ」。
トリノでタクシードライバーとして働くフラヴィオさんと「フィアット・ムルティプラ」。拡大
ドライバー歴23年のフラヴィオさん。「ムルティプラ」の高いアイポイントは、この仕事に最適という。
ドライバー歴23年のフラヴィオさん。「ムルティプラ」の高いアイポイントは、この仕事に最適という。拡大
後席にて。サイドウィンドウの縦横比は、まるで電車に乗っているか、テレビ画面を見ているかのよう。
後席にて。サイドウィンドウの縦横比は、まるで電車に乗っているか、テレビ画面を見ているかのよう。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事