【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを発表

2017.03.07 自動車ニュース
新型「レクサスLS500h」
新型「レクサスLS500h」拡大

トヨタ自動車は2017年3月7日、第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月19日まで)において、「レクサスLS500h」を世界初公開した。

 
【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを発表の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを発表の画像拡大

有段変速機構付きの新世代ハイブリッドを搭載

レクサスLS500hは、レクサスブランドの最上級セダンである、新型「LS」のハイブリッドモデルである。新型LSについては、2017年1月のデトロイトショーにおいて純ガソリン車の「LS500」が発表されており、新開発のGA-Lプラットフォームの採用や、全高を低く抑えた6ライトキャビンデザインの外観、各種先進技術の搭載などがアナウンスされていた。

今回発表されたLS500hでは、パワープラントに最高出力299ps、最大トルク35.7kgmを発生する3.5リッターV6エンジンと、2基のモーターに有段変速機構を組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用。システム最高出力は359psとされている。

また、低速域ではエンジンの使用領域を高回転側に拡大することで力強い駆動力を発揮。さらに幅広い車速域で優れたエネルギー効率を発生するようシステムを制御し、EV走行領域も拡大することで、エモーショナルな走りと燃費性能に優れた快適なクルージング走行を両立しているという。

(webCG)

→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る
 

関連キーワード:
LS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る