【ニューヨークショー2017】ホンダ、「クラリティ フューエルセル」のPHEV版とEV版を出展

2017.03.09 自動車ニュース

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年3月8日(現地時間)、2017年ニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)への出展概要を発表した。

ホンダブースの目玉は、燃料電池自動車(FCV)の「クラリティ フューエルセル」と共通のプラットフォームを使用した、プラグインハイブリッド車(PHEV)の「クラリティ プラグインハイブリッド」と、電気自動車(EV)の「クラリティ エレクトリック」。両モデルとも米国内では2017年内の発売を予定している。ホンダによれば、同一のプラットフォームで、PHEV、EV、FCVをラインナップするのは世界初だという。このクラリティシリーズでホンダは、2030年に向けて掲げる「四輪商品ラインナップにおける販売数の3分の2をPHEVとハイブリッド、およびFCV・バッテリーEVなどのゼロエミッションビークルに置き換える」という目標に向けた電動化を推進する。

併せて、ジュネーブショー2017で世界初公開した「シビック タイプR」の量産モデルや、北米国際自動車ショー2017で公開した北米向けの新型「オデッセイ」なども展示する予定。

(webCG)

 
【ニューヨークショー2017】ホンダ、「クラリティ フューエルセル」のPHEV版とEV版を出展の画像拡大

関連キーワード:
クラリティ フューエルセル, ホンダ, イベント, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
  • レクサスRC Fトラックエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.1 試乗記 マイナーチェンジが行われた「レクサスRC F」に、日本での正式発表に先立ち米カリフォルニア州パームスプリングスで試乗。熱い走りを予感させる「トラックエディション」と名付けられた、新たなトップモデルのパフォーマンスに迫る。
ホームへ戻る