アルカンターラシートのトヨタ・ハリアー発売

2011.10.04 自動車ニュース

「トヨタ・ハリアー」にアルカンターラシートの特別仕様車

トヨタ自動車は、「ハリアー」の特別仕様車「240G Lパッケージ アルカンターラ セレクション」を2011年10月3日に発売した。

「ハリアー240G Lパッケージ アルカンターラ セレクション」は、ベーシックグレードの「240G」をベースとしながら、シートと車検証入れの表皮に高級人工皮革「アルカンターラ」を採用した特別仕様車。スーパークロームメタリック塗装の17インチアルミホイールで、エクステリアも飾られる。

機能装備についても、挟み込み防止機能付きのパワーバックドアや8ウェイの調節機構付きパワーシート(運転席)が与えられる。

価格は、FF車が275万円で、4WD車が300万2000円。どちらもベースモデルより8万3000円高の設定となる。

(webCG 関)

「トヨタ・ハリアー240G Lパッケージ アルカンターラ セレクション」
「トヨタ・ハリアー240G Lパッケージ アルカンターラ セレクション」 拡大
アルカンターラのシート表皮が採用されたインテリアの様子。
アルカンターラのシート表皮が採用されたインテリアの様子。 拡大

関連キーワード:
ハリアー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハリアー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.27 試乗記 発売1カ月後の受注台数が、月販目標の3100台を大きく上回る4万5000台に達したというトヨタの新型SUV「ハリアー」。その人気の秘密を探るべく、最上級グレード「ハイブリッドZ“レザーパッケージ”」を郊外に連れ出した。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
  • トヨタが「KINTO」専用の特別仕様車“KINTOツーリングセレクション”を設定 2020.11.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年11月19日、サブスクリプションサービス「KINTO」専用となる特別仕様車「アクアS“KINTOツーリングセレクション”」「ヤリスG“KINTOツーリングセレクション”」を設定したと発表した。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
ホームへ戻る