アルカンターラシートのトヨタ・ハリアー発売

2011.10.04 自動車ニュース

「トヨタ・ハリアー」にアルカンターラシートの特別仕様車

トヨタ自動車は、「ハリアー」の特別仕様車「240G Lパッケージ アルカンターラ セレクション」を2011年10月3日に発売した。

「ハリアー240G Lパッケージ アルカンターラ セレクション」は、ベーシックグレードの「240G」をベースとしながら、シートと車検証入れの表皮に高級人工皮革「アルカンターラ」を採用した特別仕様車。スーパークロームメタリック塗装の17インチアルミホイールで、エクステリアも飾られる。

機能装備についても、挟み込み防止機能付きのパワーバックドアや8ウェイの調節機構付きパワーシート(運転席)が与えられる。

価格は、FF車が275万円で、4WD車が300万2000円。どちらもベースモデルより8万3000円高の設定となる。

(webCG 関)

「トヨタ・ハリアー240G Lパッケージ アルカンターラ セレクション」
「トヨタ・ハリアー240G Lパッケージ アルカンターラ セレクション」 拡大
アルカンターラのシート表皮が採用されたインテリアの様子。
アルカンターラのシート表皮が採用されたインテリアの様子。 拡大

関連キーワード:
ハリアー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハリアー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • トヨタ・ハリアー【開発者インタビュー】 2020.6.13 試乗記 1997年の誕生以来、根強い人気を保ち続けるトヨタの都市型プレミアムSUV「ハリアー」。4代目となる新型は、日本的なセンスと乗り味を武器に、世界に打って出るグローバル商品となるという。開発を主導したキーパーソンに、そんな新型の“キモ”を聞いた。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • 「レクサスIS」はなぜフルモデルチェンジしなかったのか? 2020.6.24 デイリーコラム 2020年6月16日に「レクサスIS」のマイナーチェンジモデルがお披露目された。すでにトヨタ/レクサスに新世代のFRシャシーが存在するなか、デビューから7年を経たISがフルモデルチェンジしなかったのはなぜなのだろうか。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る