日産と横浜DeNAベイスターズが新たなスポンサー契約を締結

2017.03.29 自動車ニュース
「日産リーフ」のリリーフカー。
「日産リーフ」のリリーフカー。拡大

日産自動車とプロ野球セントラル・リーグの横浜DeNAベイスターズは2017年3月29日、2017年シーズンより新たなスポンサー契約を結ぶと発表し、ベイスターズの本拠地である横浜スタジアムで記者発表会を行った。

あいさつに立った日産の星野朝子専務執行役員。「リーフ」を選んだ理由は、横浜でつくられているためで、リリーフと似ているからではないそうだ。写真左の「日産Be-1」は、1987年にリリーフカーとして使用されていた車両。
あいさつに立った日産の星野朝子専務執行役員。「リーフ」を選んだ理由は、横浜でつくられているためで、リリーフと似ているからではないそうだ。写真左の「日産Be-1」は、1987年にリリーフカーとして使用されていた車両。拡大
写真左からアレックス・ラミレス監督、DeNAベイスターズの岡村信悟社長、日産の星野朝子専務、筒香嘉智選手、山﨑康晃選手。バックスクリーンの上の看板には「電気自動車は、技術の日産。」、レフト側照明塔の看板には「一台入魂」、写真にはないが、ライト側には「横浜生まれ」と記されている。
写真左からアレックス・ラミレス監督、DeNAベイスターズの岡村信悟社長、日産の星野朝子専務、筒香嘉智選手、山﨑康晃選手。バックスクリーンの上の看板には「電気自動車は、技術の日産。」、レフト側照明塔の看板には「一台入魂」、写真にはないが、ライト側には「横浜生まれ」と記されている。拡大

 

日産と横浜DeNAベイスターズが新たなスポンサー契約を締結の画像拡大

新たなリリーフカーを提供

今回の契約では、日産からベイスターズにリリーフカーとして電気自動車の「リーフ」が提供されるほか、横浜スタジアムのバックスクリーンの上と、レフト側、ライト側の照明塔にそれぞれ日産の広告看板が設置される。バックスクリーンの上に日産の看板が設置されるのは、日本シリーズを制覇した横浜ベイスターズ時代の1998年以来だという。

横浜DeNAベイスターズの岡村信悟社長は「同じ横浜を発祥とする日産からのサポートを受けられるのはうれしい。一緒にこの街を盛り上げていきたい」と述べた。また、日産の星野朝子専務執行役員は「リーフは主要な部品を横浜で生産し、追浜工場で組み立てているクルマ。ぜひ横浜スタジアムで活躍してほしい」と語った。

発表会にはアレックス・ラミレス監督とともに、2016年に打点と本塁打の二冠を獲得した筒香嘉智選手、クローザーの山﨑康晃選手も登場。ラミレス監督は「生まれ育ったベネズエラでも、プロ野球選手となったアメリカでも、日産のクルマはよく目にしていた。日産のクルマで優勝パレードをしたい」と力強く宣言した。

(webCG)

 

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
ホームへ戻る