日産と横浜DeNAベイスターズが新たなスポンサー契約を締結

2017.03.29 自動車ニュース
「日産リーフ」のリリーフカー。
「日産リーフ」のリリーフカー。拡大

日産自動車とプロ野球セントラル・リーグの横浜DeNAベイスターズは2017年3月29日、2017年シーズンより新たなスポンサー契約を結ぶと発表し、ベイスターズの本拠地である横浜スタジアムで記者発表会を行った。

あいさつに立った日産の星野朝子専務執行役員。「リーフ」を選んだ理由は、横浜でつくられているためで、リリーフと似ているからではないそうだ。写真左の「日産Be-1」は、1987年にリリーフカーとして使用されていた車両。
あいさつに立った日産の星野朝子専務執行役員。「リーフ」を選んだ理由は、横浜でつくられているためで、リリーフと似ているからではないそうだ。写真左の「日産Be-1」は、1987年にリリーフカーとして使用されていた車両。拡大
写真左からアレックス・ラミレス監督、DeNAベイスターズの岡村信悟社長、日産の星野朝子専務、筒香嘉智選手、山﨑康晃選手。バックスクリーンの上の看板には「電気自動車は、技術の日産。」、レフト側照明塔の看板には「一台入魂」、写真にはないが、ライト側には「横浜生まれ」と記されている。
写真左からアレックス・ラミレス監督、DeNAベイスターズの岡村信悟社長、日産の星野朝子専務、筒香嘉智選手、山﨑康晃選手。バックスクリーンの上の看板には「電気自動車は、技術の日産。」、レフト側照明塔の看板には「一台入魂」、写真にはないが、ライト側には「横浜生まれ」と記されている。拡大

 

日産と横浜DeNAベイスターズが新たなスポンサー契約を締結の画像拡大

新たなリリーフカーを提供

今回の契約では、日産からベイスターズにリリーフカーとして電気自動車の「リーフ」が提供されるほか、横浜スタジアムのバックスクリーンの上と、レフト側、ライト側の照明塔にそれぞれ日産の広告看板が設置される。バックスクリーンの上に日産の看板が設置されるのは、日本シリーズを制覇した横浜ベイスターズ時代の1998年以来だという。

横浜DeNAベイスターズの岡村信悟社長は「同じ横浜を発祥とする日産からのサポートを受けられるのはうれしい。一緒にこの街を盛り上げていきたい」と述べた。また、日産の星野朝子専務執行役員は「リーフは主要な部品を横浜で生産し、追浜工場で組み立てているクルマ。ぜひ横浜スタジアムで活躍してほしい」と語った。

発表会にはアレックス・ラミレス監督とともに、2016年に打点と本塁打の二冠を獲得した筒香嘉智選手、クローザーの山﨑康晃選手も登場。ラミレス監督は「生まれ育ったベネズエラでも、プロ野球選手となったアメリカでも、日産のクルマはよく目にしていた。日産のクルマで優勝パレードをしたい」と力強く宣言した。

(webCG)

 

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 日産リーフe+(FF)【試乗記】 2019.3.7 試乗記 「日産リーフ」の高性能モデル「リーフe+」に試乗。バッテリーとモーターを大幅に強化し、航続距離は4割アップの458km! さらなる自由を手に入れた追加モデルの実力は? テスラ車との比較を交えてリポートする。
  • ボルボV40クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.9 試乗記 長年にわたってボルボの販売面での主役を務めてきた「ボルボV40/V40クロスカントリー(CC)」が、2019年内に生産終了を迎える。最後の試乗の出発地は栃木・宇都宮。東京を目指す道のりで、V40CCとじっくり向き合ってみた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
ホームへ戻る