「フォルクスワーゲン・ポロ」に“職人”の名を持つ2タイプの特別仕様車

2017.04.04 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン マイスター」
「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン マイスター」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年4月4日、小型ハッチバック「ポロ」に、特別仕様車「TSIコンフォートライン マイスター」と「TSIハイライン マイスター」を設定し、販売を開始した。

「フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン マイスター」。ボディーカラーは新色の「ペッパーグレーメタリック」。

	
	
		「フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン マイスター」。ボディーカラーは新色の「ペッパーグレーメタリック」。
	
	
	拡大
フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステムの「716SDCW」。
フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステムの「716SDCW」。拡大

マイスター(Meister)とは、ドイツ語で職人や名人を意味する言葉で、今回の特別仕様車は、その名が示す通り入念に作りこまれた完成度の高さが魅力とされる。

TSIコンフォートライン マイスターは、純正ナビゲーションシステム「716SDCW」とLEDヘッドライトを標準装備。244万9000円の価格も魅力だ。

一方のTSIハイライン マイスターも、同じく716SDCWを標準装備。さらに、ボディーカラーに新色の「ペッパーグレーメタリック」が設定された。価格は268万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ポロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.4.23 試乗記 新型「フォルクスワーゲン・ポロ」のモデルラインナップに、1.5リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「TSI Rライン」が加わった。気筒休止機構やコースティング機構など最新のテクノロジーを手にデビューした、中間グレードの出来栄えやいかに!?
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.6 試乗記 8代目に進化した「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のベーシックモデル「eTSIアクティブ」に試乗。ボディーデザインやシャシーの進化に加え、パワートレインの電動化とADASを含むデジタルデバイスの強化も注目のポイントである。果たしてその仕上がりやいかに。
  • メルセデス・ベンツA250eセダン(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.28 試乗記 メルセデス・ベンツのFFセダン「Aクラス セダン」にプラグインハイブリッドモデルが登場。その環境性能に期待しつつ試乗した清水草一は、エコカーとは思えない、野蛮なほどのスポーティーさに驚かされたのだった。
ホームへ戻る