「フォルクスワーゲン・ポロ」に“職人”の名を持つ2タイプの特別仕様車

2017.04.04 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン マイスター」
「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン マイスター」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年4月4日、小型ハッチバック「ポロ」に、特別仕様車「TSIコンフォートライン マイスター」と「TSIハイライン マイスター」を設定し、販売を開始した。

「フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン マイスター」。ボディーカラーは新色の「ペッパーグレーメタリック」。

	
	
		「フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン マイスター」。ボディーカラーは新色の「ペッパーグレーメタリック」。
	
	
	拡大
フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステムの「716SDCW」。
フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステムの「716SDCW」。拡大

マイスター(Meister)とは、ドイツ語で職人や名人を意味する言葉で、今回の特別仕様車は、その名が示す通り入念に作りこまれた完成度の高さが魅力とされる。

TSIコンフォートライン マイスターは、純正ナビゲーションシステム「716SDCW」とLEDヘッドライトを標準装備。244万9000円の価格も魅力だ。

一方のTSIハイライン マイスターも、同じく716SDCWを標準装備。さらに、ボディーカラーに新色の「ペッパーグレーメタリック」が設定された。価格は268万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, -->, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る