「フォルクスワーゲン・ポロ」に“職人”の名を持つ2タイプの特別仕様車

2017.04.04 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン マイスター」
「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン マイスター」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年4月4日、小型ハッチバック「ポロ」に、特別仕様車「TSIコンフォートライン マイスター」と「TSIハイライン マイスター」を設定し、販売を開始した。

「フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン マイスター」。ボディーカラーは新色の「ペッパーグレーメタリック」。

	
	
		「フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン マイスター」。ボディーカラーは新色の「ペッパーグレーメタリック」。
	
	
	拡大
フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステムの「716SDCW」。
フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステムの「716SDCW」。拡大

マイスター(Meister)とは、ドイツ語で職人や名人を意味する言葉で、今回の特別仕様車は、その名が示す通り入念に作りこまれた完成度の高さが魅力とされる。

TSIコンフォートライン マイスターは、純正ナビゲーションシステム「716SDCW」とLEDヘッドライトを標準装備。244万9000円の価格も魅力だ。

一方のTSIハイライン マイスターも、同じく716SDCWを標準装備。さらに、ボディーカラーに新色の「ペッパーグレーメタリック」が設定された。価格は268万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ポロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.4.23 試乗記 新型「フォルクスワーゲン・ポロ」のモデルラインナップに、1.5リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「TSI Rライン」が加わった。気筒休止機構やコースティング機構など最新のテクノロジーを手にデビューした、中間グレードの出来栄えやいかに!?
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.18 試乗記 フォルクスワーゲンのBセグメントコンパクト「ポロ」に、新エンジン「1.5 TSI Evo」を搭載したスポーティーな新グレード「TSI Rライン」が登場。かむほどに味が出る、ジャーマンコンパクトならではの走りをリポートする。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
ホームへ戻る