アルファード/ヴェルファイアにハイブリッド車

2011.09.27 自動車ニュース

トヨタ、「アルファード」「ヴェルファイア」にハイブリッドモデルを追加

トヨタ自動車は、Lクラスミニバンの「アルファード」「ヴェルファイア」をマイナーチェンジし、2011年11月1日に販売を開始する。また、両車種にハイブリッドモデルを追加設定し、11月21日に発売する。

■「エスティマハイブリッド」と共通のTHS IIを搭載

「アルファード」のハイブリッド仕様が3年半ぶりに復活する。アルファードは2008年5月にフルモデルチェンジを受け、兄弟車の「ヴェルファイア」が追加されているが、その時にそれまで設定されていたハイブリッド仕様がラインナップから落とされ、ユーザーから復活が望まれていた。

その声に応えるべく、今回アルファード、ヴェルファイアのマイナーチェンジを機にハイブリッド仕様が追加された。搭載されるハイブリッドシステムは、「エスティマハイブリッド」同様の「THS II」。2.4リッター直列4気筒エンジンに前後2個のモーターを組み合わせた4WDで、エンジンとフロントモーターを協調制御することで低燃費を実現。システム最高出力は190psとなっている。また、必要に応じてリアモーターを駆動することで、駆動力と操縦安定性の確保が図られている。

先代モデル同様、バッテリーはニッケル水素タイプで、モーターのみで走行可能なEVモードも搭載される。

10・15モード燃費は19.0km/リッター。平成22年度燃費基準+25%、平成17年基準排ガス75%低減レベルを達成し、エコカー減税100%減税(免税)対象となる。価格は395万円〜565万円。なお、ハイブリッド仕様は全車7人乗り。また、ハイブリッド仕様には、一部のファブリック表皮にエコプラスチックが採用された。

■フェイスリフト&装備充実も

一方、ガソリンエンジン仕様は、今回のマイナーチェンジでフロントグリル、フロントバンパー、リアガーニッシュ、テールランプのデザインが改められたほか、スピードメーターやシート表皮、木目色の変更などが施されている。

さらに、トヨタ車としては初となる「パノラミックビューモニター」(車両の周囲を上から見下ろすように表示するモニター)や、自動的にハイビームとロービームを切り替える「オートマチックハイビーム」などが設定された。

価格は、2.4リッターモデルが300万円から、3.5リッターモデルは373万円から設定される。

福祉車両の「ウェルキャブ」も設定され、7人乗りのガソリンエンジン車およびハイブリッド車にサイドリフトアップシート装着車を用意。また、体が不自由な方が自身で運転できる「フレンドマチック」を取り付けるための専用車「ウェルライド」も設定される。

ウェルキャブの価格は、2.4リッターモデルが316万2000円から、3.5リッターモデルが427万6000円からとなる。

(文=生方聡)

「アルファードハイブリッドSR Cパッケージ」
「アルファードハイブリッドSR Cパッケージ」 拡大
アルファード/ヴェルファイアにハイブリッド車の画像 拡大
アルファード/ヴェルファイアにハイブリッド車の画像 拡大
「ヴェルファイアハイブリッドZR Gエディション」
「ヴェルファイアハイブリッドZR Gエディション」 拡大
アルファード/ヴェルファイアにハイブリッド車の画像 拡大
アルファード/ヴェルファイアにハイブリッド車の画像 拡大

関連キーワード:
ヴェルファイア, アルファード, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴェルファイア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
ホームへ戻る