今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新

2017.04.24 自動車ニュース
新型「ホンダ・シビック タイプR」
新型「ホンダ・シビック タイプR」拡大

本田技研工業は2017年4月24日、現在開発中の新型「シビック タイプR」が、ドイツのニュルブルクリンク北コースにおいてFFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。

 
今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新の画像拡大
 
今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新の画像拡大
 
今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新の画像拡大

今回の走行は新型シビック タイプRの最終的な性能評価のために行われたもので、量産前の最終開発車両を使用。先代のシビック タイプRが記録した7分50秒63という記録を、6.83秒縮めることに成功した。

新型シビック タイプRは、最高出力320ps、最大トルク400Nmを発生する2リッターVTECターボエンジンの採用や、6段MTのローレシオ化によって従来モデルより加速性能を改善。新プラットフォームの採用によるねじり剛性の強化(+38%)とボディーの軽量化(-16kg)、マルチリンク式リアサスペンションの採用により、ステアリングの応答性やコーナリング性能も向上している。

さらに一般公道での快適性にも配慮しており、新たに設定したコンフォートモードを含む、3つのドライビングモードにより、市街地からサーキットまで、幅広い走行シーンにマッチした走りを実現しているという。

生産はイギリスのHonda of the U.K. Manufacturing Ltd.で行われ、2017年夏より欧州と日本・北米を含む世界各国で販売される予定となっている。

(webCG)

→ニュルを走る「ホンダ・シビック タイプR」のより詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
シビック, ホンダ, -->, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
ホームへ戻る