「マツダ・アクセラ」にスカイアクティブ採用

2011.09.27 自動車ニュース

「マツダ・アクセラ」マイナーチェンジで、スカイアクティブ技術を採用

マツダは2011年9月27日、「アクセラ」をマイナーチェンジして発売した。

■燃費とパワーを両立

2009年6月に発売された「アクセラ」が、2年の時を経てマイナーチェンジを受けた。最大のトピックは、2リッターFF車のパワートレインが一新され、「スカイアクティブ」技術が投入されたこと。2011年6月に発売された「デミオ」に続く、スカイアクティブ搭載車第2弾となる。

2リッターモデルが新たに搭載する新開発の「SKYACTIV-G 2.0」エンジンは、2リッター直4の直噴ガソリンユニットで、最高出力154ps/6000rpmと最大トルク19.8kgm/4100rpmを発生。燃費性能だけに特化せず、出力性能とのバランスも取られた特性を持ち、従来型(150ps、19.0kgm)よりも全域でトルクが向上している。
組み合わされるのは、こちらもやはり新開発の6段オートマチックトランスミッション「SKYACTIVE-DRIVE」だ。従来の5段より段数が増えただけでなく、ダイレクトでクイック、かつ滑らかな変速が実現されたとうたわれる。
低転がり抵抗の15インチタイヤを装着するグレードにおいては、10・15モードで20.0km/リッターという燃費性能も達成した。

上記スカイアクティブ技術を採用した、「スポーツ」(5ドアハッチバック)の「20S-SKYACTIV」「20C-SKYACTIV」、「セダン」の「20E-SKYACTIV」「20C-SKYACTIV」には、アイドリングストップ機能「i-stop」や、ドライバーの運転状況を診断する「i-DM」(インテリジェントドライブマスター)機能も搭載される。

なお、2リッター4WDを含む、他のグレードは従来のパワートレインが引き継がれ、継続して販売される。

■空力性能を大幅改善

スカイアクティブの採用以外に、シリーズ全体にも細かな改良が行われている。

新意匠のフロント/リアバンパーはルックスのリフレッシュのほか、空力性能の向上にも貢献。同時に、車体下面の空気の流れを最適化することで、Cd値はハッチバック、セダンともに従来型より0.04ポイント改善し、ハッチバックは0.28、セダンは0.26の数値を記録するという。
インテリアは視認性、操作性を向上する配色や、質感の高さを感じさせる素材などが採用されたという。

ボディー剛性の向上、ステアリング特性の変更、ダンパーチューニングによる乗り心地の改善なども図られた。1.5リッター車にDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)が採用されたのもニュースとなろう(15Sに標準装備、15Cにオプション)。

ボディーカラーは新色のスカイブルーマイカを含む、全7色のラインナップ。価格はアクセラスポーツが166万円〜267万8000円、アクセラセダンが166万円〜210万円となる。

(webCG 本諏訪)

「アクセラスポーツ 20S-SKYACTIV」
「アクセラスポーツ 20S-SKYACTIV」 拡大
 
「マツダ・アクセラ」にスカイアクティブ採用の画像 拡大
ロックアップ領域を従来より大幅に拡大したオートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」は、今作「アクセラ」に初搭載された。
ロックアップ領域を従来より大幅に拡大したオートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」は、今作「アクセラ」に初搭載された。 拡大
ヘッドライトに青いリングが備わるのは、「デミオ」同様、スカイアクティブ搭載モデルの識別点。
ヘッドライトに青いリングが備わるのは、「デミオ」同様、スカイアクティブ搭載モデルの識別点。 拡大
 
「マツダ・アクセラ」にスカイアクティブ採用の画像 拡大
「アクセラスポーツ 20S-SKYACTIV」のインテリア
「アクセラスポーツ 20S-SKYACTIV」のインテリア 拡大
「アクセラセダン 20E-SKYACTIV」
「アクセラセダン 20E-SKYACTIV」 拡大

関連キーワード:
アクセラスポーツ, アクセラセダン, マツダ, 自動車ニュース

マツダ アクセラスポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • マツダMX-30 EVモデル ハイエストセット(FWD)【試乗記】 2021.2.15 試乗記 マツダから「MX-30」の電気自動車(EV)バージョン、その名も「EVモデル」が登場した。クリーンディーゼルや「スカイアクティブX」など、かねて内燃機関に対する強いこだわりを主張してきたマツダ。ブランド初となる量産EVの仕上がりは?
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2021.2.24 試乗記 “フルモデルチェンジ並み”の改良が行われた「レクサスIS300h」に試乗。開発陣が主張する全面改良を選ばなかった理由や、こだわりの変更点をひとつずつ確かめていくと、そこには期待や予想を大きく超えた進化がみえてきた。
ホームへ戻る