「日産デイズ」にインテリアが特徴の特別仕様車登場

2017.04.25 自動車ニュース
「日産デイズXモカセレクション」。ボディーカラーは「ブロッサムピンク」。
「日産デイズXモカセレクション」。ボディーカラーは「ブロッサムピンク」。拡大

日産自動車は2017年4月25日、軽乗用車「デイズ」に特別仕様車「Xモカセレクション」と「ハイウェイスターXプレミアムセレクション」を設定し、販売を開始した。

「デイズXモカセレクション」は、内装色に大人っぽい華やかさが特徴とされる「モカ」を採用する。
「デイズXモカセレクション」は、内装色に大人っぽい華やかさが特徴とされる「モカ」を採用する。拡大
「デイズ ハイウェイスターXプレミアムセレクション」。ボディーカラーは「プレミアムサンシャインオレンジ」。
「デイズ ハイウェイスターXプレミアムセレクション」。ボディーカラーは「プレミアムサンシャインオレンジ」。拡大
「デイズ ハイウェイスターXプレミアムセレクション」は、明るさと高級感が特徴のプレミアムコンビネーションインテリアを採用する。
「デイズ ハイウェイスターXプレミアムセレクション」は、明るさと高級感が特徴のプレミアムコンビネーションインテリアを採用する。拡大

今回のXモカセレクションは、「X」グレードをベースに、内装色にモカを採用し、大人っぽい華やかさを演出したモデル。14インチアルミホイールも標準装備となる。ボディーカラーには「ハイウェイスター」専用色であるチタニウムグレーとスカーレットを含む、全12色が用意される。

一方のハイウェイスターXプレミアムセレクションは、「ハイウェイスターX」をベースに、15インチアルミホイールと、明るさと高級感が特徴というプレミアムコンビネーションインテリアを採用。ボディーカラーは、プレミアムサンシャインオレンジ、ホワイトパール、プレミアムパープル、モカブラウンの、4種の特別塗装色が設定される。

価格は以下の通り。

  • Xモカセレクション:131万3280円(FF)/143万4240円(4WD)
  • ハイウェイスターXプレミアムセレクション:141万9120円(FF)/154万0080円(4WD)

(webCG)

関連キーワード:
デイズ, 日産, 自動車ニュース

日産 デイズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 開発の決め手は“カバー”にあり!?
    「日産デイズ」の意外なこだわり
    2019.5.17 デイリーコラム 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。その専用仕立てのステアリングホイールは、自動車メーカーとして否定すべき“あのアイテム”を意識して作られたものだった!
  • 第105回:N-BOXは怪獣だ 2018.10.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第105回は「N-BOXは怪獣だ」。広報車とディーラー車では乗り味が違うってホント!? 今、日本で一番売れている、事実上の国民車「ホンダN-BOX」をプチ検証。実物を前に、筆者が導き出した答えとは?
  • 日産初の軽はこうして生まれた!
    「デイズ」開発の裏事情を関係者に聞く
    2019.4.19 デイリーコラム 日産と三菱の協業とはいうものの、事実上「初めて日産が開発した軽」として生まれた新型「デイズ」。そこに至る背景や、初の取り組みにおける苦労など、新型軽にまつわる“ここだけの話”をキーマンに聞いた。
ホームへ戻る