「日産デイズ」にインテリアが特徴の特別仕様車登場

2017.04.25 自動車ニュース
「日産デイズXモカセレクション」。ボディーカラーは「ブロッサムピンク」。
「日産デイズXモカセレクション」。ボディーカラーは「ブロッサムピンク」。拡大

日産自動車は2017年4月25日、軽乗用車「デイズ」に特別仕様車「Xモカセレクション」と「ハイウェイスターXプレミアムセレクション」を設定し、販売を開始した。

「デイズXモカセレクション」は、内装色に大人っぽい華やかさが特徴とされる「モカ」を採用する。
「デイズXモカセレクション」は、内装色に大人っぽい華やかさが特徴とされる「モカ」を採用する。拡大
「デイズ ハイウェイスターXプレミアムセレクション」。ボディーカラーは「プレミアムサンシャインオレンジ」。
「デイズ ハイウェイスターXプレミアムセレクション」。ボディーカラーは「プレミアムサンシャインオレンジ」。拡大
「デイズ ハイウェイスターXプレミアムセレクション」は、明るさと高級感が特徴のプレミアムコンビネーションインテリアを採用する。
「デイズ ハイウェイスターXプレミアムセレクション」は、明るさと高級感が特徴のプレミアムコンビネーションインテリアを採用する。拡大

今回のXモカセレクションは、「X」グレードをベースに、内装色にモカを採用し、大人っぽい華やかさを演出したモデル。14インチアルミホイールも標準装備となる。ボディーカラーには「ハイウェイスター」専用色であるチタニウムグレーとスカーレットを含む、全12色が用意される。

一方のハイウェイスターXプレミアムセレクションは、「ハイウェイスターX」をベースに、15インチアルミホイールと、明るさと高級感が特徴というプレミアムコンビネーションインテリアを採用。ボディーカラーは、プレミアムサンシャインオレンジ、ホワイトパール、プレミアムパープル、モカブラウンの、4種の特別塗装色が設定される。

価格は以下の通り。

  • Xモカセレクション:131万3280円(FF)/143万4240円(4WD)
  • ハイウェイスターXプレミアムセレクション:141万9120円(FF)/154万0080円(4WD)

(webCG)

関連キーワード:
デイズ, 日産, 自動車ニュース

日産 デイズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.5 試乗記 派手なフロントマスクにばかり目が行きがちだが、「三菱eKクロス」は中身にもそこかしこに配慮の行き届いた、使い勝手のいい軽乗用車だ。気になる走行性能や先進運転支援システムの出来栄えなどをリポートする。
  • 新型「日産デイズ」発表披露会の会場から 2019.3.28 画像・写真 新たなパワートレインやプラットフォームを手に、2代目へと生まれ変わった「日産デイズ」。横浜市の日産グローバル本社で行われた発表会の様子を写真でリポートする。
  • ダイハツ・キャスト スポーツ“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2015.12.12 試乗記 ダイハツから、ひとつの車型で3つのモデルを取りそろえる軽自動車「キャスト」が登場。今回はその中から、走りを追及した“第3のモデル”こと「スポーツ」に試乗した。「コペンの4人乗りをイメージして作った」とされる同車の特徴を一言で表すと……?
ホームへ戻る