仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ

2017.05.08 自動車ニュース

フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。

130psのBlueHDiディーゼルエンジンが登場

今回のマイナーチェンジで、フロントまわりのデザインが変更を受ける。グリルが従来型より切り立った形状になり、ボンネットの先端に添えられていたライオンのエンブレムがグリル内へ移動。これに伴い、ボンネットのプレスラインも変更され、バンパーのデザインもより力強いイメージのものに改められる。

先進運転支援システムについては、アクティブセーフティーブレーキとレーンキープアシストが採用され、アクティブクルーズコントロールがPSAの車両としては初めて0km/h(停止)までサポートされる(ただしAT車のみ。MT車は30km/hまで)。

その他の機能面では、スマートフォンの画面をインストゥルメントパネルのタッチスクリーンに映し出すミラースクリーン機能が加わり、Mirrorlink、Android Auto、Apple CarPlayの3規格に対応する(欧州仕様の場合)。

エンジン/ドライブトレーンでは、新開発のBlueHDi 130 直4ディーゼルユニットが登場。さらに「308GT」が搭載するBlueHDi 180ディーゼルに、新たにアイシンAW製の8段オートマチックトランスミッションが組み合わされる。

生産は引き続きフランスのソショー工場が担当する。

(webCG)

マイナーチェンジを受けた「プジョー308」。
マイナーチェンジを受けた「プジョー308」。拡大

関連キーワード:
308, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 308 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツB180(FF/7AT)【試乗記】 2019.8.9 試乗記 「メルセデス・ベンツBクラス」が全面改良によって3代目に進化。乗り出し価格で500万円オーバーとなるCセグメントモデルの出来栄えとは? ラインナップされるガソリンとディーゼルのパワーユニットのうち、まずはデリバリーが始まったガソリンモデル「B180」をチェックする。
  • ジュネーブショー2019の会場から(プジョー) 2019.3.13 画像・写真 プジョーは第89回ジュネーブモーターショーに、コンパクトハッチバック「208」の新型や、そのEVバージョン「e-208」、ワゴン「508SWハイブリッド」などを出展した。同ブランドのブースを写真で紹介する。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
ホームへ戻る