AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売

2017.05.10 自動車ニュース
「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」
「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。

限定15台のブラックのインテリア。
限定15台のブラックのインテリア。拡大
限定24台のポーセレンのインテリア。
限定24台のポーセレンのインテリア。拡大
限定6台のモカブラウンのインテリア。
限定6台のモカブラウンのインテリア。拡大
限定5台のサドルブラウンのインテリア。
限定5台のサドルブラウンのインテリア。拡大

今回のメルセデスAMG G63 50th Anniversary Editionは、AMGの設立50周年を記念して、Gクラスのハイパフォーマンスモデル「AMG G63」をベースに仕立てられた。

エクステリアでは、通常は設定のないボディーカラー「designoモーリシャスブルー」を特別外装色として採用。さらに、フェンダーやフロント/リアバンパー、ルーフ、ドアミラーカバー、サイドストリップライン、スペアタイヤカバーなどにアクセントとしてブラックを施したほか、特別デザインの「ブラックペイント20インチAMG5スポークアルミホイール」を装着している。

インテリアには「designoエクスクルーシブ」を採用し、内装色はディープブルーステッチを施したブラック(限定15台)のほか、ポーセレン(同24台)、特別色のサドルブラウン(同5台)、モカブラウン(同6台)の3色を設定。シート、ダッシュボード、ステアリングはブラックを組み合わせたツートンカラーとなっており、この3色には内装色と同色のステッチを施している。また、スポーティーな室内空間を演出するアクセントとして「AMGカーボンファイバーインテリアトリム」を採用した。

また、標準装備のサイドアンダーミラーに代えて、ドアミラー下部のカメラが助手席側の直視確認できないエリアの映像をCOMANDディスプレイに表示して安全確認をサポートするサイドビューカメラキット(9万9900円)が、オプションとして用意される。

(webCG)

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Gクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • 専用22インチホイールを履いた「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車限定発売 2020.3.24 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年3月24日、「メルセデス・ベンツGクラス」に特別仕様車「AMG G63 STRONGER THAN TIME EDITION(ストロンガーザンタイムエディション)」を設定し、250台の台数限定で発売した。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
  • ベントレー・ベンテイガ 2020.7.1 画像・写真 2015年9月にデビューしてからおよそ5年。リニューアルにより最新世代の「コンチネンタルGT」や「フライングスパー」に共通する内外装デザインが与えられたラグジュアリーSUV「ベントレー・ベンテイガ」が登場。その姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目に進化した。よりスタイリッシュになりながら悪路走破性もアップした新型の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る