AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売

2017.05.10 自動車ニュース
「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」
「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。

限定15台のブラックのインテリア。
限定15台のブラックのインテリア。拡大
限定24台のポーセレンのインテリア。
限定24台のポーセレンのインテリア。拡大
限定6台のモカブラウンのインテリア。
限定6台のモカブラウンのインテリア。拡大
限定5台のサドルブラウンのインテリア。
限定5台のサドルブラウンのインテリア。拡大

今回のメルセデスAMG G63 50th Anniversary Editionは、AMGの設立50周年を記念して、Gクラスのハイパフォーマンスモデル「AMG G63」をベースに仕立てられた。

エクステリアでは、通常は設定のないボディーカラー「designoモーリシャスブルー」を特別外装色として採用。さらに、フェンダーやフロント/リアバンパー、ルーフ、ドアミラーカバー、サイドストリップライン、スペアタイヤカバーなどにアクセントとしてブラックを施したほか、特別デザインの「ブラックペイント20インチAMG5スポークアルミホイール」を装着している。

インテリアには「designoエクスクルーシブ」を採用し、内装色はディープブルーステッチを施したブラック(限定15台)のほか、ポーセレン(同24台)、特別色のサドルブラウン(同5台)、モカブラウン(同6台)の3色を設定。シート、ダッシュボード、ステアリングはブラックを組み合わせたツートンカラーとなっており、この3色には内装色と同色のステッチを施している。また、スポーティーな室内空間を演出するアクセントとして「AMGカーボンファイバーインテリアトリム」を採用した。

また、標準装備のサイドアンダーミラーに代えて、ドアミラー下部のカメラが助手席側の直視確認できないエリアの映像をCOMANDディスプレイに表示して安全確認をサポートするサイドビューカメラキット(9万9900円)が、オプションとして用意される。

(webCG)

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Gクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • 「メルセデス・ベンツGクラス」価格変更 2020年8月から平均3.8%値上げ 2020.6.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年6月30日、メルセデス・ベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」の価格を変更すると発表した。新価格での販売は、同年8月1日から。対象となるのはラインナップしている3車種すべてで、平均3.8%の値上げとなる。
  • メルセデス・ベンツG350d(後編) 2020.2.13 谷口信輝の新車試乗 クリーンディーゼルの新型「メルセデス・ベンツGクラス」に試乗した谷口信輝は、思わず「すっごくいい」とつぶやいた。パワーもフィーリングも申し分ないというエンジン以外に、何が好印象に結びついたのか?
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツの本格クロカン「Gクラス」に、最高出力286PS、最大トルク600N・mの新世代直6ディーゼルエンジンを搭載する「G350d」が追加された。最もリーズナブルなプライスを掲げながらも本命との呼び声も高い、新グレードの実力やいかに?
ホームへ戻る