日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編)

2017.05.18 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。ちまたで注目を集めるe-POWERだが、谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている? まずはその走りからチェックしていこう。

プリウスPHVより断然スポーティー

「はっやいですねえ、このクルマ!」
箱根のいつものワインディングロードで日産ノートe-POWERの試乗を終えた谷口信輝は、開口一番、そう言い放った。しかも、同じ日にテストした「トヨタ・プリウスPHV」と比べても「全然速い!」とまで言い切ったのである。
「モーターにすごく力があって、思ったよりもスポーティーな走りが楽しめますね」
どうやらノートe-POWERの第一印象は上々だったようだ。

「サスペンションは硬めというか、しっかりめですよね。タイヤも比較的偏平率の低いスポーティーなタイプを履いているから、スポーツドライビングを意識しているのは間違いないでしょう」
で、実際にコーナリングした印象はどうだったのか?
「タイヤにぐっと荷重がかかったときのスプリングレートとかダンピングレートとかは、それなりに高いと思いますよ。プリウスPHVと比較しても、こっちのほうが高いですね。きっと、ミニサーキットとかでラップタイム計ったら、ノートe-POWERのほうが断然速いでしょう。パワー感というかモーター感は、とても気に入りました」

「ただし、ハンドリングのリニアリティーではプリウスPHVのほうが上ですね。足まわりのバランスとか味付けといった面でもプリウスPHVのほうが好みです」
谷口自身、個人的に現行「プリウス」を所有しているくらいだから、プリウスPHVのほうが波長があうのはやむを得ないところ。それでも、あの谷口が“スポーティー”とまで評したところに、このノートe-POWERの実力の一端は表れているような気がする。

もっとも、谷口が“スポーティー”と感じたのには、ちょっとした理由がある。今回、彼に試乗してもらったのは、オーテックジャパンが手がけたモード・プレミアと呼ばれるカスタムカー。これにはツーリングパッケージと呼ばれるセットオプションが装備されていて、195/55R16タイヤ、専用チューニングサスペンション、ボディー補強(フロントクロスバー、フロント&リアサスペンションメンバーステー、センタートンネルステー、テールクロスバー)といった走りを強化するパーツが少なからず盛り込まれているのだ。したがって谷口が指摘した“スポーティー”をノートe-POWERに求めるなら、このモード・プレミアを忘れずにオーダーすることをお勧めしておきたい。

 
日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編)の画像拡大
 
日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編)の画像拡大
 
日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編)の画像拡大
日産ノートe-POWER X モード・プレミア
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4130×1695×1520mm/ホイールベース:2600mm/車重:1230kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直3 DOHC 12バルブ/モーター:交流同期電動機/エンジン最高出力:79ps(58kW)/5400rpm/エンジン最大トルク:103Nm(10.5kgm)/3600-5200rpm/モーター最高出力:109ps(80kW)/3008-10000rpm/モーター最大トルク:254Nm(25.9kgm)/0-3008rpm/タイヤ:(前)195/55R16 (後)195/55R16/価格:220万7520円
日産ノートe-POWER X モード・プレミア
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4130×1695×1520mm/ホイールベース:2600mm/車重:1230kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直3 DOHC 12バルブ/モーター:交流同期電動機/エンジン最高出力:79ps(58kW)/5400rpm/エンジン最大トルク:103Nm(10.5kgm)/3600-5200rpm/モーター最高出力:109ps(80kW)/3008-10000rpm/モーター最大トルク:254Nm(25.9kgm)/0-3008rpm/タイヤ:(前)195/55R16 (後)195/55R16/価格:220万7520円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノート 2020.11.24 画像・写真 日産がコンパクトハッチバック「ノート」をフルモデルチェンジ。2020年11月24日、3代目となる新型を発表した。2021年に発売されるEV「アリア」とともに新生日産を代表するクルマと位置づけられる最新型の姿を、写真で紹介する。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • ホンダCRF250ラリー<s>(6MT)【レビュー】 2021.4.21 試乗記 ラリーマシンをほうふつとさせる、ホンダの250cc級アドベンチャーモデル「CRF250ラリー」がフルモデルチェンジ。車体もエンジンも新しくなった新型は、普段使いでも「ホンダの本気」を感じられる一台に仕上がっていた。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2020.12.8 試乗記 8年ぶりに一新された日産のコンパクトカー「ノート」に、その開発に使われたテストコースで試乗。先代で好評だったハイブリッドシステム「e-POWER」に磨きをかけた新型は、驚くほど上質な一台に仕上がっていた。
  • エコカーのふりした走りのクルマ? 新型「日産ノート」で気になること 2020.12.4 デイリーコラム フルモデルチェンジですっかり見た目の変わった、日産のコンパクトカー「ノート」。では中身のほうは? 3代目となる新型について、気になることを開発のキーパーソンに聞いてみた。
ホームへ戻る