「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ

2017.05.25 自動車ニュース

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。

先進のデジタルインターフェイスを採用

新しいゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラックには、12.3インチ大型ディスプレイのデジタルメータークラスター「Active Info Display(アクティブインフォディスプレイ)」が採用された。また、純正インフォテインメントシステムもスクリーンが大きくなり、視認性が向上した。ラジオシステムの「Composition Media(コンポジションメディア)」は6.5インチから8インチに、ナビゲーションシステムの「Discover Pro(ディスカバープロ)」は8インチから9.2インチへ拡大され、同時に全面フラットなタッチスクリーンへ変更されされている。

それに加えて、Discover Proにはフォルクスワーゲン初採用となるジェスチャーコントロール機能が加わった。これはスクリーンをタッチすることなく、手を左右に動かすだけでホームメニューの切り替えやラジオの選局などができるというもの。

また、同乗者がラジオや各メディアの操作、ナビゲーションの目的地検索ができるスマートフォン向けアプリケーション「Volkswagen Media Control(フォルクスワーゲン メディア コントロール)」も車両の発売日である5月29日から配信される。

より“自動運転”に近づいた

先進運転支援システムでは、渋滞時追従支援システムの「Traffic Assist(トラフィックアシスト)」を、一部モデルを除いて標準装備化した。これはレーンキープアシストシステム「Lane Assist(レーンアシスト)」とアダプティブクルーズコントロール「ACC」をベースにした機能で、システムは限界内で自動的にステアリング操作と加速、ブレーキングを行う。さらに、全車標準装備となるプリクラッシュブレーキシステム「Front Assist(フロントアシスト)」には、新たに歩行者検知機能が追加されている。

外観では、フロントバンパーのデザインが変更され、フェンダーの奥まで切れ込んだ新形状のヘッドライトが採用された。一部モデルを除き、ヘッドライトはLED化されている。テールランプについては全車LEDとされ、「ゴルフR」などにはウインカーが流れるように光る「ダイナミックターンインジケーター」がフォルクスワーゲンとして初めて採用されている。

また今回、スポーツモデルのエンジン出力が見直され、「ゴルフGTI」は230ps(従来型比+10ps)へ、「ゴルフR」は310ps(同+30ps)へとそれぞれ強化された。ゴルフRについてはトランスミッションも見直されており、新開発の湿式7段DSGが採用されている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ゴルフTSIトレンドライン:249万9000円
  • ゴルフTSIコンフォートライン:279万9000円
  • ゴルフTSハイライン:325万9000円
  • ゴルフGTI(MT):389万9000円
  • ゴルフGTI(DSG):399万9000円
  • ゴルフR(MT):549万9000円
  • ゴルフR(DSG):559万9000円
  • ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン:293万9000円
  • ゴルフヴァリアントTSIハイライン:339万9000円
  • ゴルフヴァリアントTSI Rライン:359万9000円
  • ゴルフRヴァリアント:569万9000円
  • ゴルフ オールトラックTSI 4MOTION:359万9000円

(webCG)

マイナーチェンジを受けた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。
マイナーチェンジを受けた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。拡大
「ゴルフTSIハイライン」
「ゴルフTSIハイライン」拡大
「ゴルフTSIハイライン」のインテリア。
「ゴルフTSIハイライン」のインテリア。拡大
新形状のヘッドランプが採用され、一部モデルを除いてLED化された。
新形状のヘッドランプが採用され、一部モデルを除いてLED化された。拡大
「ゴルフGTI」
「ゴルフGTI」拡大
「ゴルフGTI」のエンジン。
「ゴルフGTI」のエンジン。拡大
「ゴルフR」(手前)と「ゴルフRヴァリアント」(奥)。
「ゴルフR」(手前)と「ゴルフRヴァリアント」(奥)。拡大
「ゴルフヴァリアントTSIハイライン」
「ゴルフヴァリアントTSIハイライン」拡大
「ゴルフ オールトラックTSI 4MOTION」(アクセサリー装着車両)
「ゴルフ オールトラックTSI 4MOTION」(アクセサリー装着車両)拡大

関連キーワード:
ゴルフ, ゴルフヴァリアント, ゴルフオールトラック , フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.14 試乗記 Cセグメントハッチバックの世界的ベンチマーク「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がいよいよフルモデルチェンジ。劇的なまでのデジタル化に込められたフォルクスワーゲンの狙いとは? 8代目となる新型の出来栄えを、ポルトガルよりリポートする。
  • トヨタC-HR S-T“GRスポーツ”(FF/6MT)【試乗記】 2020.1.30 試乗記 トヨタのクロスオーバーモデル「C-HR」に、GAZOO Racingが開発を手がけた新グレード“GRスポーツ”が登場。専用のエアロパーツと足まわりでチューンされた、スポーツバージョンの走りやいかに?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
  • フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.18 試乗記 今一番ホットなコンパクトSUVカテゴリーに、フォルクスワーゲンが満を持して投入した「Tクロス」。ファッショナブルなルックスや多彩な内外装色設定、機能的な荷室やキャビンなど数多くの特徴を掲げる最新モデルの仕上がりを、長距離試乗で確かめた。
ホームへ戻る