「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ

2017.05.25 自動車ニュース

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。

先進のデジタルインターフェイスを採用

新しいゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラックには、12.3インチ大型ディスプレイのデジタルメータークラスター「Active Info Display(アクティブインフォディスプレイ)」が採用された。また、純正インフォテインメントシステムもスクリーンが大きくなり、視認性が向上した。ラジオシステムの「Composition Media(コンポジションメディア)」は6.5インチから8インチに、ナビゲーションシステムの「Discover Pro(ディスカバープロ)」は8インチから9.2インチへ拡大され、同時に全面フラットなタッチスクリーンへ変更されされている。

それに加えて、Discover Proにはフォルクスワーゲン初採用となるジェスチャーコントロール機能が加わった。これはスクリーンをタッチすることなく、手を左右に動かすだけでホームメニューの切り替えやラジオの選局などができるというもの。

また、同乗者がラジオや各メディアの操作、ナビゲーションの目的地検索ができるスマートフォン向けアプリケーション「Volkswagen Media Control(フォルクスワーゲン メディア コントロール)」も車両の発売日である5月29日から配信される。

より“自動運転”に近づいた

先進運転支援システムでは、渋滞時追従支援システムの「Traffic Assist(トラフィックアシスト)」を、一部モデルを除いて標準装備化した。これはレーンキープアシストシステム「Lane Assist(レーンアシスト)」とアダプティブクルーズコントロール「ACC」をベースにした機能で、システムは限界内で自動的にステアリング操作と加速、ブレーキングを行う。さらに、全車標準装備となるプリクラッシュブレーキシステム「Front Assist(フロントアシスト)」には、新たに歩行者検知機能が追加されている。

外観では、フロントバンパーのデザインが変更され、フェンダーの奥まで切れ込んだ新形状のヘッドライトが採用された。一部モデルを除き、ヘッドライトはLED化されている。テールランプについては全車LEDとされ、「ゴルフR」などにはウインカーが流れるように光る「ダイナミックターンインジケーター」がフォルクスワーゲンとして初めて採用されている。

また今回、スポーツモデルのエンジン出力が見直され、「ゴルフGTI」は230ps(従来型比+10ps)へ、「ゴルフR」は310ps(同+30ps)へとそれぞれ強化された。ゴルフRについてはトランスミッションも見直されており、新開発の湿式7段DSGが採用されている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ゴルフTSIトレンドライン:249万9000円
  • ゴルフTSIコンフォートライン:279万9000円
  • ゴルフTSハイライン:325万9000円
  • ゴルフGTI(MT):389万9000円
  • ゴルフGTI(DSG):399万9000円
  • ゴルフR(MT):549万9000円
  • ゴルフR(DSG):559万9000円
  • ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン:293万9000円
  • ゴルフヴァリアントTSIハイライン:339万9000円
  • ゴルフヴァリアントTSI Rライン:359万9000円
  • ゴルフRヴァリアント:569万9000円
  • ゴルフ オールトラックTSI 4MOTION:359万9000円

(webCG)

マイナーチェンジを受けた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。
マイナーチェンジを受けた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。拡大
「ゴルフTSIハイライン」
「ゴルフTSIハイライン」拡大
「ゴルフTSIハイライン」のインテリア。
「ゴルフTSIハイライン」のインテリア。拡大
新形状のヘッドランプが採用され、一部モデルを除いてLED化された。
新形状のヘッドランプが採用され、一部モデルを除いてLED化された。拡大
「ゴルフGTI」
「ゴルフGTI」拡大
「ゴルフGTI」のエンジン。
「ゴルフGTI」のエンジン。拡大
「ゴルフR」(手前)と「ゴルフRヴァリアント」(奥)。
「ゴルフR」(手前)と「ゴルフRヴァリアント」(奥)。拡大
「ゴルフヴァリアントTSIハイライン」
「ゴルフヴァリアントTSIハイライン」拡大
「ゴルフ オールトラックTSI 4MOTION」(アクセサリー装着車両)
「ゴルフ オールトラックTSI 4MOTION」(アクセサリー装着車両)拡大

関連キーワード:
ゴルフゴルフヴァリアントゴルフオールトラック フォルクスワーゲン 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:NISMO/無限編)【試乗記】 2018.8.19 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、”峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。後編ではNISMOがチューンした「GT-R」「ノートe-POWER」と、無限のパーツをフル装備した「シビックハッチバック」「ヴェゼル」「オデッセイ」の走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る