「MINIクロスオーバー」に「ジョンクーパーワークス」追加設定

2017.06.01 自動車ニュース
「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー」
「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー」拡大

BMWジャパンは2017年5月31日、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」のモデルラインナップに「ジョンクーパーワークス クロスオーバー」を追加設定し、販売を開始した。価格は556万円。

写真は欧州仕様。(現地名:MINIジョンクーパーワークス カントリーマン)
写真は欧州仕様。(現地名:MINIジョンクーパーワークス カントリーマン)拡大
 
「MINIクロスオーバー」に「ジョンクーパーワークス」追加設定の画像拡大
 
「MINIクロスオーバー」に「ジョンクーパーワークス」追加設定の画像拡大
 
「MINIクロスオーバー」に「ジョンクーパーワークス」追加設定の画像拡大
 
「MINIクロスオーバー」に「ジョンクーパーワークス」追加設定の画像拡大
 
「MINIクロスオーバー」に「ジョンクーパーワークス」追加設定の画像拡大
 
「MINIクロスオーバー」に「ジョンクーパーワークス」追加設定の画像拡大
 
「MINIクロスオーバー」に「ジョンクーパーワークス」追加設定の画像拡大

ジョンクーパーワークスはMINIシリーズのトップパフォーマンスグレードであり、現行シリーズでは「MINI 3ドア」と「MINIコンバーチブル」「MINIクラブマン」に設定されている。2017年2月に国内導入された新型MINIクロスオーバーにも、今回、新たに設定された。

ほかのジョンクーパーワークスモデルと同様に、最高出力231ps、最大トルク350Nmの2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載。トランスミッションは8段AT、駆動方式はMINI独自の4WDシステム「ALL4」を採用する。さらに、専用チューニングが施されたスポーツサスペンションやエレクトリックデファレンシャルコントロールなどを標準装備することで、走行性能が強化されている。

エクステリアについては、専用デザインのエアロダイナミックキットや18インチアロイホイールを標準装備。ブレンボ製の赤く塗装された4ピストンブレーキキャリパーとサイドスカットルには「John Cooper Works」のロゴが配されるなど、レーシーな雰囲気が高められている。

インテリアについても同様で、赤のステッチと表皮のデザインが特徴的なダイナミカレザーコンビネーションスポーツシートや、シフトパドル付きのスポーツステアリングホイールを標準装備。さらに専用のドアシル、ステンレス仕上げのペダルとフットレスト、アンスラサイト(濃いグレー)のルーフライニングを採用する。

スポーティーモデルでありながら先進安全装備も充実しており、アクティブクルーズコントロールや前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを搭載。ヘッドアップディスプレイも備えている。

主な装備は以下の通り。

  • John Cooper Worksエアロダイナミックキット
  • 18インチアロイホイール John Cooper Worksスリルスポーク
  • ランフラットタイヤ
  • John Cooper Worksスポーツサスペンション
  • John Cooper Worksスポーツレザーステアリング(3本スポーク)
  • マルチファンクションステアリングホイール
  • スポーツオートマチックトランスミッション(パドルスイッチ付き)
  • ダイナミカレザーコンビネーション:カーボンブラック(John Cooper Worksスポーツシート)
  • シートヒーター(フロント/左右)
  • ハイグロスブラックルーフレール&サイドシルフィニッシャー
  • リアスポイラー
  • LEDヘッドライト/LEDデイライトリング
  • ナビゲーションシステム
  • 8.8インチワイドカラーディスプレイ
  • リアPDC(パークディスタンスコントロール)
  • リアビューカメラ
  • ドライビングアシスト
  • アクティブクルーズコントロール
  • ヘッドアップディスプレイ
  • コンフォートアクセス
  • ITSスポット対応ETC車載器システム内蔵自動防眩ルームミラー
  • 自動防眩エクステリアミラー
  • MINIドライビングモード
  • ヒーテッドウインドスクリーン
  • ヘッドライナー:アンスラサイト
  • インテリアサーフェス:ピアノブラック
  • MINIエキサイトメントパッケージ
  • レインセンサー(自動ドライビングライト付き)
  • 40:20:40分割可倒式リアシートバックレスト
  • 2ゾーンオートマチックエアコンディショナー
  • オンボードコンピューター
  • エンジンオートスタート/ストップ機能
  • サーボトロニック

(webCG)

関連キーワード:
MINIクロスオーバー, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.5 試乗記 最高出力を231PSから306PSへと大幅にパワーアップした「MINIクロスオーバー」のハイパフォーマンスバージョン「ジョンクーパーワークス」に試乗。背の高いマルチパーパスのキャラクターと高性能エンジンの組み合わせは、どんな進化を遂げたのか?
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2017.8.25 試乗記 MINIクロスオーバーに追加された新グレードにして、MINI一族にとって初のプラグインハイブリッド車である「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動する独自のパワープラントがもたらすドライブフィールをリポートする。
  • BMW X2 xDrive20d MスポーツX エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.10 試乗記 「BMW X2」に追加設定された「xDrive20d MスポーツX」に試乗。既発の「xDrive18d」比で+40PSとなる190PSのディーゼルユニットとMスポーツサスペンションのコンビネーションは、導入初期モデルの印象を上書きするのに十分な仕上がりだった。
  • アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.10.28 試乗記 SUVのモデルラインナップが増え続ける中で、アウディが新たに提案する「Q3スポーツバック」。今回ステアリングを握った「35 TDIクワトロSライン」の走りは、スタイル重視に見える同モデルのイメージを大きく変えるものだった。
ホームへ戻る