フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開

2017.06.19 自動車ニュース
新型「フォルクスワーゲン・ポロ」
新型「フォルクスワーゲン・ポロ」拡大

独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。

「ポロ」は累計販売台数が1400万台を超える人気モデル。6代目となる新型は、ボディーサイズが大幅に拡大された。
「ポロ」は累計販売台数が1400万台を超える人気モデル。6代目となる新型は、ボディーサイズが大幅に拡大された。拡大
新型「ポロ」のインテリア。第2世代のアクティブインフォディスプレイや、ガラスの奥におさめられたインフォテインメントシステムなどが斬新な印象をもたらす。
新型「ポロ」のインテリア。第2世代のアクティブインフォディスプレイや、ガラスの奥におさめられたインフォテインメントシステムなどが斬新な印象をもたらす。拡大
新型「ポロGTI」
新型「ポロGTI」拡大
新型「ポロGTI」は2リッターターボエンジンを搭載。最高出力は現行モデルから+8psの200psとなる。
新型「ポロGTI」は2リッターターボエンジンを搭載。最高出力は現行モデルから+8psの200psとなる。拡大

ボディーサイズが大幅に拡大

累計販売台数が1400万台を超えるフォルクスワーゲンコンパクトカーの人気モデルが、6代目へと進化した。新型ポロは、「ゴルフ」や「パサート」、「ティグアン」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。

新型ポロのボディーサイズは、全長×全幅×全高=4053×1750×1446mmで、これは先代に比べて全長が81mm、全幅が69mm拡大する一方、全高は7mm低い。ホイールベースは94mm伸びて2564mmとなった。これに伴い、居住空間はより広くなるとともにラゲッジスペースも280リッターから351リッターに拡大されている。

エクステリアは、水平のラインを強調する前後のデザインにより、安定感のあるものに。一方、ヘッドライトから始まるショルダーラインと、その下に設けられた矢のような形の2本のライン(トルネードライン)が新型ポロのサイドビューを印象的なものにしている。
新型ポロは5ドアハッチバックのみのラインナップとなる。

インテリアは、水平基調のダッシュボードに加えて、第2世代のアクティブインフォディスプレーやガラスの奥におさめられたインフォテインメントシステムなどを採用することで、斬新な印象を与えている。


「ポロGTI」は2リッターターボを搭載

スマートフォンと連携するApp ConnectやCar-Net、Guide & Informといった機能も利用可能だ。MQBを用いることで、フロントアシストやACC、ブラインドスポットディテクション、リアトラフィックアラート、パークアシストといった安全・快適機能も充実している。

エンジンは、ガソリンが1.0 MPI(65ps/72ps)、1.0 TSI(95ps/115ps)、1.5 TSI(150ps)、ディーゼルが1.6 TDI(80ps/90ps)を設定。さらに、天然ガス仕様の1.0 TGI(90ps)も選ぶことができる。

トランスミッションは5段または6段マニュアルに加えて、TSIと1.6 TDI(95ps)では7段DSGが用意される。

装備レベルは、「トレンドライン」「コンフォートライン」「ハイライン」そして「Rライン」を設定。さらに、Beatsの300Wのオーディオシステムを搭載する仕様も用意されている。さらに、スポーツモデルの「GTI」が設定される。エンジンは200psの2.0 TSIを搭載し、6段MTまたは7段DSGが組み合わされる。フォルクスワーゲンは、このポロを2017年内にヨーロッパで発売する予定。日本での発売は来年以降となる見込みだ。

(文=生方 聡)

→ポロのより詳しい写真はこちら
→ポロGTIのより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
ホームへ戻る