フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開

2017.06.19 自動車ニュース
新型「フォルクスワーゲン・ポロ」
新型「フォルクスワーゲン・ポロ」拡大

独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。

「ポロ」は累計販売台数が1400万台を超える人気モデル。6代目となる新型は、ボディーサイズが大幅に拡大された。
「ポロ」は累計販売台数が1400万台を超える人気モデル。6代目となる新型は、ボディーサイズが大幅に拡大された。拡大
新型「ポロ」のインテリア。第2世代のアクティブインフォディスプレイや、ガラスの奥におさめられたインフォテインメントシステムなどが斬新な印象をもたらす。
新型「ポロ」のインテリア。第2世代のアクティブインフォディスプレイや、ガラスの奥におさめられたインフォテインメントシステムなどが斬新な印象をもたらす。拡大
新型「ポロGTI」
新型「ポロGTI」拡大
新型「ポロGTI」は2リッターターボエンジンを搭載。最高出力は現行モデルから+8psの200psとなる。
新型「ポロGTI」は2リッターターボエンジンを搭載。最高出力は現行モデルから+8psの200psとなる。拡大

ボディーサイズが大幅に拡大

累計販売台数が1400万台を超えるフォルクスワーゲンコンパクトカーの人気モデルが、6代目へと進化した。新型ポロは、「ゴルフ」や「パサート」、「ティグアン」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。

新型ポロのボディーサイズは、全長×全幅×全高=4053×1750×1446mmで、これは先代に比べて全長が81mm、全幅が69mm拡大する一方、全高は7mm低い。ホイールベースは94mm伸びて2564mmとなった。これに伴い、居住空間はより広くなるとともにラゲッジスペースも280リッターから351リッターに拡大されている。

エクステリアは、水平のラインを強調する前後のデザインにより、安定感のあるものに。一方、ヘッドライトから始まるショルダーラインと、その下に設けられた矢のような形の2本のライン(トルネードライン)が新型ポロのサイドビューを印象的なものにしている。
新型ポロは5ドアハッチバックのみのラインナップとなる。

インテリアは、水平基調のダッシュボードに加えて、第2世代のアクティブインフォディスプレーやガラスの奥におさめられたインフォテインメントシステムなどを採用することで、斬新な印象を与えている。


「ポロGTI」は2リッターターボを搭載

スマートフォンと連携するApp ConnectやCar-Net、Guide & Informといった機能も利用可能だ。MQBを用いることで、フロントアシストやACC、ブラインドスポットディテクション、リアトラフィックアラート、パークアシストといった安全・快適機能も充実している。

エンジンは、ガソリンが1.0 MPI(65ps/72ps)、1.0 TSI(95ps/115ps)、1.5 TSI(150ps)、ディーゼルが1.6 TDI(80ps/90ps)を設定。さらに、天然ガス仕様の1.0 TGI(90ps)も選ぶことができる。

トランスミッションは5段または6段マニュアルに加えて、TSIと1.6 TDI(95ps)では7段DSGが用意される。

装備レベルは、「トレンドライン」「コンフォートライン」「ハイライン」そして「Rライン」を設定。さらに、Beatsの300Wのオーディオシステムを搭載する仕様も用意されている。さらに、スポーツモデルの「GTI」が設定される。エンジンは200psの2.0 TSIを搭載し、6段MTまたは7段DSGが組み合わされる。フォルクスワーゲンは、このポロを2017年内にヨーロッパで発売する予定。日本での発売は来年以降となる見込みだ。

(文=生方 聡)

→ポロのより詳しい写真はこちら
→ポロGTIのより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ポロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • ホンダが新型「フィット」を2月14日に発売 東京のウエルカムプラザ青山では先行展示も 2020.1.17 自動車ニュース ホンダが4代目となる新型「フィット」を、2020年2月14日に発売すると発表した。これに先立ち東京の「ウエルカムプラザ青山」では、同施設のリニューアルオープンに合わせ、「ベーシック」「ホーム」「ネス」「クロスター」「リュクス」の全5モデルの展示も行われる。
  • これは“超革新”だ! 次期「スバル・レヴォーグ」でわかっていること 2020.1.17 デイリーコラム 2020年の後半に発売をひかえる、次期「スバル・レヴォーグ」。オートショーでのプロトタイプ展示や関係者への取材を通して、新型ならではの注目すべきポイントが次第に見えてきた。
ホームへ戻る