青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場

2017.06.30 自動車ニュース
「マセラティ・グラントゥーリズモ60th anniversary edition」
「マセラティ・グラントゥーリズモ60th anniversary edition」拡大

マセラティ ジャパンは2017年6月30日、「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」に特別仕様車「60th anniversary edition」を設定し、販売を開始した。

「マセラティ・グランカブリオ60th anniversary edition」
「マセラティ・グランカブリオ60th anniversary edition」拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、マセラティ初の量産車である「3500GT」のデビュー60周年を記念した限定モデルであり、グラントゥーリズモが5台、グランカブリオが5台の、計10台が販売される。

4.7リッターV8エンジン搭載車をベースに、ボディーカラーには特別色の「ブルー・インキオストロ」を採用。これに合わせて“マセラティトライデント”と呼ばれるフロントのエンブレムにはブルーアクセントを用いており、またブレーキキャリパーもブルーでコーディネートしている。

さらに、「MC ストラダーレ」と同様のアルミニウム製エンジンフードやエアインテーク、カーボンファイバー製リアスポイラーを装備。インテリアには、グラントゥーリズモにはブルーステッチを施したブラックレザーを、グランカブリオにはグリジオ・クロノのステッチを合わせたビアンコレザーを採用している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • MCデザイン・エクステリア
  • カーボンリアスポイラー
  • ブルーアクセント入りトライデント(フロントグリル)
  • デディケーションプレート
  • 20インチ・MC デザイン・マットグラファイト(鍛造)
  • ブルーブレーキキャリパー
  • カーボンインテリアトリム
  • カーボンパドルシフト
  • カーボンダッシュボードトリム
  • カーボンセンターコンソール
  • カーボンドアエントリーガード
  • MC デザインアルミペダル

価格はグラントゥーリズモが2017万円、グランカブリオが2097万円。納車については8月以降の予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
グランカブリオ, グラントゥーリズモ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ グランカブリオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・グランカブリオ 2010.4.5 画像・写真 マセラティの新型オープンモデル「グランカブリオ」の姿を写真で紹介する。
  • マセラティ・グランカブリオ(FR/6AT)【試乗記】 2010.7.9 試乗記 マセラティ・グランカブリオ(FR/6AT)
    ……1957万3000円

    ピニンファリーナの手になる「マセラティ・グランカブリオ」が日本上陸。イタリアン4シーターオープンはどんな味付けなのか?
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • さらば「マセラティ・グラントゥーリズモ」 イタリアが生んだ名車の足跡をたどる 2019.12.2 デイリーコラム 2007年のデビュー以来、12年にわたり現役であり続けた「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」。イタリア・モデナが生んだ流麗なスポーツクーペ/カブリオレのモデルライフを振り返るとともに、マセラティの未来に思いをはせた。
ホームへ戻る