青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場

2017.06.30 自動車ニュース
「マセラティ・グラントゥーリズモ60th anniversary edition」
「マセラティ・グラントゥーリズモ60th anniversary edition」拡大

マセラティ ジャパンは2017年6月30日、「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」に特別仕様車「60th anniversary edition」を設定し、販売を開始した。

「マセラティ・グランカブリオ60th anniversary edition」
「マセラティ・グランカブリオ60th anniversary edition」拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、マセラティ初の量産車である「3500GT」のデビュー60周年を記念した限定モデルであり、グラントゥーリズモが5台、グランカブリオが5台の、計10台が販売される。

4.7リッターV8エンジン搭載車をベースに、ボディーカラーには特別色の「ブルー・インキオストロ」を採用。これに合わせて“マセラティトライデント”と呼ばれるフロントのエンブレムにはブルーアクセントを用いており、またブレーキキャリパーもブルーでコーディネートしている。

さらに、「MC ストラダーレ」と同様のアルミニウム製エンジンフードやエアインテーク、カーボンファイバー製リアスポイラーを装備。インテリアには、グラントゥーリズモにはブルーステッチを施したブラックレザーを、グランカブリオにはグリジオ・クロノのステッチを合わせたビアンコレザーを採用している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • MCデザイン・エクステリア
  • カーボンリアスポイラー
  • ブルーアクセント入りトライデント(フロントグリル)
  • デディケーションプレート
  • 20インチ・MC デザイン・マットグラファイト(鍛造)
  • ブルーブレーキキャリパー
  • カーボンインテリアトリム
  • カーボンパドルシフト
  • カーボンダッシュボードトリム
  • カーボンセンターコンソール
  • カーボンドアエントリーガード
  • MC デザインアルミペダル

価格はグラントゥーリズモが2017万円、グランカブリオが2097万円。納車については8月以降の予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
グランカブリオ, グラントゥーリズモ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ グランカブリオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・グランカブリオ(FR/6AT)【試乗記】 2010.7.9 試乗記 マセラティ・グランカブリオ(FR/6AT)
    ……1957万3000円

    ピニンファリーナの手になる「マセラティ・グランカブリオ」が日本上陸。イタリアン4シーターオープンはどんな味付けなのか?
  • “クラシック”はカネになる? これがスポーツカービジネスの新たな道 2020.6.19 デイリーコラム 極度の高性能化に、社会的な制約。現代のスポーツカーには、ファンが楽しむ余地はあまり残されていない。では、スポーツカーメーカーはどんな提案ができるのか? ポルシェのニューモデルにはそのヒントがあるようだ。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
ホームへ戻る