青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場

2017.06.30 自動車ニュース
「マセラティ・グラントゥーリズモ60th anniversary edition」
「マセラティ・グラントゥーリズモ60th anniversary edition」拡大

マセラティ ジャパンは2017年6月30日、「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」に特別仕様車「60th anniversary edition」を設定し、販売を開始した。

「マセラティ・グランカブリオ60th anniversary edition」
「マセラティ・グランカブリオ60th anniversary edition」拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、マセラティ初の量産車である「3500GT」のデビュー60周年を記念した限定モデルであり、グラントゥーリズモが5台、グランカブリオが5台の、計10台が販売される。

4.7リッターV8エンジン搭載車をベースに、ボディーカラーには特別色の「ブルー・インキオストロ」を採用。これに合わせて“マセラティトライデント”と呼ばれるフロントのエンブレムにはブルーアクセントを用いており、またブレーキキャリパーもブルーでコーディネートしている。

さらに、「MC ストラダーレ」と同様のアルミニウム製エンジンフードやエアインテーク、カーボンファイバー製リアスポイラーを装備。インテリアには、グラントゥーリズモにはブルーステッチを施したブラックレザーを、グランカブリオにはグリジオ・クロノのステッチを合わせたビアンコレザーを採用している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • MCデザイン・エクステリア
  • カーボンリアスポイラー
  • ブルーアクセント入りトライデント(フロントグリル)
  • デディケーションプレート
  • 20インチ・MC デザイン・マットグラファイト(鍛造)
  • ブルーブレーキキャリパー
  • カーボンインテリアトリム
  • カーボンパドルシフト
  • カーボンダッシュボードトリム
  • カーボンセンターコンソール
  • カーボンドアエントリーガード
  • MC デザインアルミペダル

価格はグラントゥーリズモが2017万円、グランカブリオが2097万円。納車については8月以降の予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
グランカブリオ, グラントゥーリズモ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・グランカブリオ(FR/6AT)【試乗記】 2010.7.9 試乗記 マセラティ・グランカブリオ(FR/6AT)
    ……1957万3000円

    ピニンファリーナの手になる「マセラティ・グランカブリオ」が日本上陸。イタリアン4シーターオープンはどんな味付けなのか?
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
  • マセラティ・グラントゥーリズモS(FR/6AT)【試乗記】 2009.3.17 試乗記 マセラティ・グラントゥーリズモS(FR/6AT)
    ……1813万3000円

    マセラティ最強のスポーツクーペ「グラントゥーリズモS」。外観はスタンダードモデルとほとんど見分けがつかないけれど、乗ってみてその違いに驚いた。
  • トヨタ・アクアG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.9.4 試乗記 2011年の誕生以来、売れに売れたハイブリッド専用のコンパクトハッチバック「トヨタ・アクア」。期待を胸に試乗した2代目は果たして、これぞトヨタ車というべき堅実さと乗り味を持ち合わせていた。
  • ランドローバー・ディスカバリーSE D300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.7 試乗記 新型「ディフェンダー」のヒットによって立場が微妙になったのが同じランドローバーの「ディスカバリー」だ。ただし、新たに直6エンジンを搭載した最新モデルに乗ってみると、むしろ積極的に選びたくなるほどの魅力にあふれていた。
ホームへ戻る