青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場

2017.06.30 自動車ニュース
「マセラティ・グラントゥーリズモ60th anniversary edition」
「マセラティ・グラントゥーリズモ60th anniversary edition」拡大

マセラティ ジャパンは2017年6月30日、「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」に特別仕様車「60th anniversary edition」を設定し、販売を開始した。

「マセラティ・グランカブリオ60th anniversary edition」
「マセラティ・グランカブリオ60th anniversary edition」拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大
 
青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、マセラティ初の量産車である「3500GT」のデビュー60周年を記念した限定モデルであり、グラントゥーリズモが5台、グランカブリオが5台の、計10台が販売される。

4.7リッターV8エンジン搭載車をベースに、ボディーカラーには特別色の「ブルー・インキオストロ」を採用。これに合わせて“マセラティトライデント”と呼ばれるフロントのエンブレムにはブルーアクセントを用いており、またブレーキキャリパーもブルーでコーディネートしている。

さらに、「MC ストラダーレ」と同様のアルミニウム製エンジンフードやエアインテーク、カーボンファイバー製リアスポイラーを装備。インテリアには、グラントゥーリズモにはブルーステッチを施したブラックレザーを、グランカブリオにはグリジオ・クロノのステッチを合わせたビアンコレザーを採用している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • MCデザイン・エクステリア
  • カーボンリアスポイラー
  • ブルーアクセント入りトライデント(フロントグリル)
  • デディケーションプレート
  • 20インチ・MC デザイン・マットグラファイト(鍛造)
  • ブルーブレーキキャリパー
  • カーボンインテリアトリム
  • カーボンパドルシフト
  • カーボンダッシュボードトリム
  • カーボンセンターコンソール
  • カーボンドアエントリーガード
  • MC デザインアルミペダル

価格はグラントゥーリズモが2017万円、グランカブリオが2097万円。納車については8月以降の予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
グランカブリオ, グラントゥーリズモ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・グランカブリオ(FR/6AT)【試乗記】 2010.7.9 試乗記 マセラティ・グランカブリオ(FR/6AT)
    ……1957万3000円

    ピニンファリーナの手になる「マセラティ・グランカブリオ」が日本上陸。イタリアン4シーターオープンはどんな味付けなのか?
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • マセラティ・クアトロポルテS グランスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2018.2.22 試乗記 マセラティのフラッグシップサルーンである「クアトロポルテ」。2018年モデルでは、3リッターV6エンジンが最新スペックにアップデートされたほか、先進運転支援システムが充実した。「クアトロポルテS グランスポーツ」のステアリングを握った。
  • マセラティが「グラントゥーリズモ」と「グランカブリオ」をマイナーチェンジ 2017.10.13 自動車ニュース マセラティが「グラントゥーリズモ」と「グランカブリオ」をマイナーチェンジ。内外装や装備のアップデートが図られた新型が、成田国際空港貨物ターミナルで日本初公開された。イベントの様子とともに、車両の概要を解説する。
ホームへ戻る