「シトロエンC4」が仕様変更、お値段据え置きで装備を強化

2017.07.10 自動車ニュース
「シトロエンC4」
「シトロエンC4」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月10日、シトロエンのCセグメントハッチバック車「C4」の仕様を変更し、販売を開始した。

 
「シトロエンC4」が仕様変更、お値段据え置きで装備を強化の画像拡大

今回の変更では、既存のラインナップである「C4フィール」「C4フィール BlueHDi」を廃止し、替わって新グレードの「C4シャイン」「C4シャインBlueHDi」を設定した。

いずれも日本語表示対応のタッチスクリーンが標準装備となるほか、ダイヤモンドカット加工を施した新デザインの16インチアルミホイールや、ブラインドスポットモニターも採用されている。

価格はC4シャインが259万円、C4シャインBlueHDiが279万円と、従来のラインナップから据え置きとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
C4シトロエン 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る