「シトロエンC4」が仕様変更、お値段据え置きで装備を強化

2017.07.10 自動車ニュース
「シトロエンC4」
「シトロエンC4」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月10日、シトロエンのCセグメントハッチバック車「C4」の仕様を変更し、販売を開始した。

 
「シトロエンC4」が仕様変更、お値段据え置きで装備を強化の画像拡大

今回の変更では、既存のラインナップである「C4フィール」「C4フィール BlueHDi」を廃止し、替わって新グレードの「C4シャイン」「C4シャインBlueHDi」を設定した。

いずれも日本語表示対応のタッチスクリーンが標準装備となるほか、ダイヤモンドカット加工を施した新デザインの16インチアルミホイールや、ブラインドスポットモニターも採用されている。

価格はC4シャインが259万円、C4シャインBlueHDiが279万円と、従来のラインナップから据え置きとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
C4, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.8.25 試乗記 シトロエンのCセグメントハッチバック車「C4」がマイナーチェンジ。フェイスリフトが施され、新たに1.2リッター直3直噴ターボエンジンとトルコン式6段ATが採用された。その走りの実力と、同じパワートレインを積む「プジョー308」との違いをリポートする。
  • ホンダ・アコードEX 2020.1.23 画像・写真 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月にデビューを予定している10代目「アコード」の概要を発表した。そのスタイリッシュなエクステリアや、コンサートホールをイメージしたというインテリアのディテールを写真で紹介する。
  • これは“超革新”だ! 次期「スバル・レヴォーグ」でわかっていること 2020.1.17 デイリーコラム 2020年の後半に発売をひかえる、次期「スバル・レヴォーグ」。オートショーでのプロトタイプ展示や関係者への取材を通して、新型ならではの注目すべきポイントが次第に見えてきた。
ホームへ戻る