「スズキ・エスクード」にパワフルなターボモデル登場

2017.07.26 自動車ニュース
「スズキ・エスクード1.4ターボ」
「スズキ・エスクード1.4ターボ」拡大

スズキは2017年7月26日、コンパクトSUV「エスクード」に1.4リッターターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」を追加し、販売を開始した。

 
「スズキ・エスクード」にパワフルなターボモデル登場の画像拡大
 
「スズキ・エスクード」にパワフルなターボモデル登場の画像拡大
 
「スズキ・エスクード」にパワフルなターボモデル登場の画像拡大
 
「スズキ・エスクード」にパワフルなターボモデル登場の画像拡大
 
「スズキ・エスクード」にパワフルなターボモデル登場の画像拡大
 
「スズキ・エスクード」にパワフルなターボモデル登場の画像拡大
 
「スズキ・エスクード」にパワフルなターボモデル登場の画像拡大

力強い走りとスポーティーな内外装が特徴

エスクード1.4ターボのエンジンは、今回が日本初導入となる「K14C」型1.4リッター直4直噴ガソリンターボで、最高出力136ps/5500rpm、最大トルク210Nm/2100-4000rpmを発生。ワイドレンジのトルコン式6段ATとの組み合わせにより、優れた発進加速性能と登坂性能を実現している。また、燃費はJC08モード計測で16.8km/リッターとされており、高効率のターボエンジンでありながら、無鉛レギュラーガソリンに対応する経済性も持ち合わせている。

駆動方式は4WDのみで、1.6リッターモデルと同じくフルタイム4WDの「ALLGRIP(オールグリップ)」が採用される。走行モードには「AUTO」「SPORT」「SNOW」「LOCK」の4種類が用意されており、優れた走破性能とオンロードでの高い走行安定性を実現しているという。

運転支援システムの充実ぶりも1.6リッターモデルと同様で、自動緊急ブレーキや各種警戒警報機能、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ、アダプティブクルーズコントロールが標準装備される。

一方、内外装は1.6リッターモデルと大きく異なっており、エクステリアについては専用デザインのメッキフロントグリルやアルミホイール、ルーフレールを採用。黒を基調に、各所に赤のアクセントを施したインテリアには、ステンレス製ペダルプレートや専用ステアリングホイールなどを用いている。

これらを含む1.4ターボの主な装備は以下の通り。

  • メッキフロントグリル(5スロットタイプ)
  • 17インチアルミホイール(ブラック塗装)
  • ルーフレール
  • LEDヘッドランプ(レッドプロジェクターカバー付き)
  • LEDサイドターンランプ付きカラードドアミラー(高輝度シルバー)
  • ステンレス製ペダルプレート
  • 本革巻きステアリングホイール(オーディオスイッチ付き)
  • 本革&スエード調シート表皮(エンボス加工)
  • 6スピーカー(フロント2、フロントツイーター2、リア2)
  • アームレスト機能付きコンソールボックス
  • アルマイトレッド装飾(メーターリング、エアコンルーバーリング、センタークロックガーニッシュ)
  • レッドステッチ(ステアリングホイール、シフトブーツ、シート)

価格は258万6600円

(文=webCG/写真=向後一宏)

◆「スズキ・エスクード1.4ターボ」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
エスクード, スズキ, 自動車ニュース

スズキ エスクード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • 「スズキ・エスクード」に「Sリミテッド」登場 ブロンズの装飾が目を引く特別仕様車 2020.11.24 自動車ニュース スズキがコンパクトSUV「エスクード」に特別仕様車「Sリミテッド」を設定。内外装の各所に施されたカッパーブラウンのアクセントが特徴で、切削加工を施した17インチアルミホイールや、本革とスエード調表皮を組み合わせた専用シートなども装備されている。
  • ジャガーXFスポーツブレイク S D200 AWD(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.12 試乗記 化粧直しはそこそこ? と思いきや、仕様変更でパワーユニットや室内の装備など、見えない部分にまでしっかり手が入れられたジャガーのワゴン「XFスポーツブレイク」。ステアリングを握れば分かる、最新型の乗り味をリポートする。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る