メルセデスが「Cクラス」の“つながる機能”を拡充

2017.07.26 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本は2017年7月25日、「メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

今回の変更では、新たにテレマティクスサービスの「Mercedes me connect(メルセデス ミー コネクト)」を採用した。また、一部モデルで装備の拡充を行った。

Mercedes me connectのサービス内容は以下の通り。

  • 24時間緊急通報サービス:事故検知時(エアバッグやシートベルトテンショナーの展開時)や車内にあるSOSボタンが押された際に、コールセンターが消防に連絡する。
  • 24時間故障通報サービス:ツーリングサポートが必要な際に「Bコールボタン」を押すとツーリングサポートセンターにつながる。
  • リモートドアロック&アンロック:スマートフォンの操作で車両ドアのロック、アンロックができる。(※)
  • リモート(車両)ステータス確認:車両の走行距離、燃料計、平均燃費等の状態をアプリ等で確認できる。(※)
  • リモートセットアップ:アプリの操作で車両バッテリーの充電状況の確認やエアコン設定ができる。(「C350e」のみ)(※)
  • MB Apps:天気情報や充電ステーション(C350eのみ)の位置や施設情報、インターネットラジオを、MB Appsで表示、使用できる。(※)
  • Door to Doorナビ:スマートフォンアプリから目的地をBluetooth経由でCOMANDシステムに送信できる。(※)

※:2017年8月サービス開始予定。

このほか、「C200ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)」および「C200 4MATICステーションワゴン スポーツ(本革仕様)」「C350eステーションワゴン アバンギャルド」にパノラミックスライディングルーフをオプション設定した。

また、「C180カブリオレ スポーツ」にオプション設定されている「レザーエクスクルーシブパッケージ」に、「ヘッドアップディスプレイ」と「LEDインテリジェントライトシステム」を追加装備した。ヘッドアップディスプレイについては、「C43 4MATICカブリオレ」と「C63 Sカブリオレ」にも標準装備とした。

価格はセダンが441万円から1357万円、ステーションワゴンが465万円から1438万円、クーペが504万円から1363万円、カブリオレが611万円から1420万円。

(webCG)

「メルセデス・ベンツCクラス セダン」
「メルセデス・ベンツCクラス セダン」拡大

関連キーワード:
Cクラス カブリオレ, Cクラス クーペ, Cクラス ステーションワゴン, Cクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る