【オートモビル カウンシル2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を日本初公開

2017.08.04 自動車ニュース
新型「アウディRS 5クーペ」
新型「アウディRS 5クーペ」拡大

アウディ ジャパンは2017年8月4日、千葉県の幕張メッセで開催されている自動車イベント「オートモビル カウンシル2017」(開催期間:2016年8月4日~6日)において、新型「RS 5クーペ」を日本初公開した。

 
【オートモビル カウンシル2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を日本初公開の画像拡大
 
【オートモビル カウンシル2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を日本初公開の画像拡大
アウディブースの様子。
アウディブースの様子。拡大

RS 5クーペは、アウディのハイエンドスポーツモデルを手がけるアウディスポーツ社が開発した、「A5」シリーズのトップモデル。今回の新型は2代目にあたる。新開発の2.9リッターV6ツインターボエンジンは450psと600Nmを発生。8段ATと4WDシステムが組み合わされ、0-100km/h加速は3.9秒、最高速度は280km/hと公表されている。

価格は1257万円で、すでに日本でも2017年6月に受注が始まっており、9月下旬にデリバリーが開始される予定。

アウディブースのもう一台の主役は「スポーツクワトロS1」だ。世界ラリー選手権(WRC)で一時代を築く活躍を見せ、現在にもつながる“乗用車のスポーツ4WD”の礎を築いたモデルである。今回の展示車両はWRCで2度のチャンピオンになったドライバー、ヴァルター・ロールが実際にドライブした車両になる。このほか、WRCのホモロゲーション取得のために214台が生産・販売された「スポーツクワトロ」、さらに“ビッグクワトロ”の愛称で親しまれる初代「クワトロ」と、往年のモデルがブースを彩っている。

(webCG)

関連キーワード:
RS 5, アウディ, オートモビル カウンシル2017, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • これは“超革新”だ! 次期「スバル・レヴォーグ」でわかっていること 2020.1.17 デイリーコラム 2020年の後半に発売をひかえる、次期「スバル・レヴォーグ」。オートショーでのプロトタイプ展示や関係者への取材を通して、新型ならではの注目すべきポイントが次第に見えてきた。
ホームへ戻る