【オートモビル カウンシル2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を日本初公開

2017.08.04 自動車ニュース
新型「アウディRS 5クーペ」
新型「アウディRS 5クーペ」拡大

アウディ ジャパンは2017年8月4日、千葉県の幕張メッセで開催されている自動車イベント「オートモビル カウンシル2017」(開催期間:2016年8月4日~6日)において、新型「RS 5クーペ」を日本初公開した。

 
【オートモビル カウンシル2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を日本初公開の画像拡大
 
【オートモビル カウンシル2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を日本初公開の画像拡大
アウディブースの様子。
アウディブースの様子。拡大

RS 5クーペは、アウディのハイエンドスポーツモデルを手がけるアウディスポーツ社が開発した、「A5」シリーズのトップモデル。今回の新型は2代目にあたる。新開発の2.9リッターV6ツインターボエンジンは450psと600Nmを発生。8段ATと4WDシステムが組み合わされ、0-100km/h加速は3.9秒、最高速度は280km/hと公表されている。

価格は1257万円で、すでに日本でも2017年6月に受注が始まっており、9月下旬にデリバリーが開始される予定。

アウディブースのもう一台の主役は「スポーツクワトロS1」だ。世界ラリー選手権(WRC)で一時代を築く活躍を見せ、現在にもつながる“乗用車のスポーツ4WD”の礎を築いたモデルである。今回の展示車両はWRCで2度のチャンピオンになったドライバー、ヴァルター・ロールが実際にドライブした車両になる。このほか、WRCのホモロゲーション取得のために214台が生産・販売された「スポーツクワトロ」、さらに“ビッグクワトロ”の愛称で親しまれる初代「クワトロ」と、往年のモデルがブースを彩っている。

(webCG)

関連キーワード:
RS 5, アウディ, オートモビル カウンシル2017, 自動車ニュース

アウディ RS 5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ 2021.2.8 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 疾走感に満ちたフォルムが印象的な2ドアモデル「アウディRS 5クーペ」。本格派スポーツカーのようなパフォーマンスが味わえる一方で、時に効率を重視した現代的な走りが実感できる二面性もまた、このモデルの注目すべき個性である。
  • アウディRS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.19 試乗記 「アウディQ3」のトップパフォーマンスモデル「RS Q3」が2代目に進化。パワーアップした5気筒ターボエンジンやド派手なエクステリアパーツを手にした新型は、スポーツモデルとしての存在感がさらに強くなっている。クーペボディーの「スポーツバック」に試乗した。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • ドゥカティ・ムルティストラーダV4 S(6MT)【試乗記】 2021.3.26 試乗記 ドゥカティのスポーティーなアドベンチャーツアラー「ムルティストラーダ」シリーズに、最新の「ムルティストラーダV4」が登場。車名の通り、伝統のLツインではなく新型V4エンジンを搭載したこのモデルからは、革新に臨むドゥカティの本気がうかがえた。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
ホームへ戻る