「メルセデスAMG GT」のオープントップモデル登場

2017.08.25 自動車ニュース
「メルセデスAMG GT Cロードスター」
「メルセデスAMG GT Cロードスター」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年8月25日、高性能スポーツモデルの「メルセデスAMG GT」のモデルラインナップに、オープン2シーターの「AMG GTロードスター」と「AMG GT Cロードスター」を追加し、販売を開始した。

557psと680Nmを発生する、「AMG GT Cロードスター」の4リッターV8ツインターボエンジン。
557psと680Nmを発生する、「AMG GT Cロードスター」の4リッターV8ツインターボエンジン。拡大
「AMG GT Cロードスター」のインテリア。
「AMG GT Cロードスター」のインテリア。拡大
「AMG GTロードスター」
「AMG GTロードスター」拡大
「AMG GTロードスター」のリアビュー。ソフトトップの開閉に要する時間はそれぞれ約11秒。
「AMG GTロードスター」のリアビュー。ソフトトップの開閉に要する時間はそれぞれ約11秒。拡大
商品概要を説明した、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。
商品概要を説明した、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。拡大

クーペよりもパワフルなエンジンを搭載

メルセデスAMG社が自社開発した高性能スポーツモデルのメルセデスAMG GTをベースに、ソフトトップを備えたオープン2シータースポーツとして生まれたのがメルセデスAMG GTロードスターだ。

GTロードスターを特徴づけるのが、「アコースティックソフトトップ」と呼ばれる3層構造のソフトトップ。クローズ時の静粛性を確保しながら、マグネシウム、スチール、アルミニウムを組み合わせた構造とすることで軽量化を実現している。ソフトトップの開閉はスイッチにより簡単に行うことができ、50km/h以下であれば走行中の操作も可能である。

ソフトトップに加えて、15本の垂直フィンが雄々しい「AMGパナメリカーナグリル」を採用したのもGTロードスターの特徴のひとつだ。

クーペ同様、GTロードスターのボディーはアルミニウムのスペースフレーム構造を採用するが、サイドスカート部分の肉厚を増したり、各所に補強用パーツを追加したりして、ボディー剛性を高めている。一方、軽量化を考慮してトランクリッドはカーボン製とした。

エンジンはクーペ同様、AMG製の4リッターV8ツインターボの「M178」ユニットが搭載される。ただし性能はクーペよりも強化され、最高出力476ps、最大トルク630Nmを誇る。これに7段デュアルクラッチトランスミッションの「AMGスピードシフトDCT」が組み合わされ、後輪を駆動する。

GTロードスターの高性能版であるGT Cロードスターでは、エンジンがよりパワフルな仕様に。最高出力557ps、最大トルク680Nmは、クーペの「GT S」を上回る数字である。さらにGT Cロードスターは、リアエンドの幅がGTロードスターよりも57mm拡大され、20インチホイールの採用とあいまってトラクションが向上。後輪操舵の「AMGリアアクスルステアリング」や電子制御ダンパーの「AMGライドコントロールスポーツサスペンション」、電子制御LSDの「AMGリミテッドスリップデフ」などを標準装着することで、よりスポーティーな走りを実現する。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • AMG GTロードスター:1834万円
  • AMG GT Cロードスター:2298万円

(文=生方 聡)

 

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG C63 Sセダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.8.20 試乗記 Dセグメントのボディーに500psオーバーのエンジンを搭載した「メルセデスAMG C63 S」。今回の改良で新たに9段ATが搭載されたが、実際に試乗すると、それ以上に注目すべきポイントがいくつも見受けられた。長足の進化の程をドイツよりリポートする。
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
  • ニューヨークショー2018(メルセデス・ベンツ) 2018.4.12 画像・写真 メルセデス・ベンツはニューヨークショー2018の会場にて、改良された新型「Cクラスカブリオレ」を発表。同時に「Sクラスクーペ」やメルセデスAMGの「C63」「G63」そして「GT」の4ドアクーペなどを展示した。各車両を写真で紹介する。
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
ホームへ戻る